速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

wimaxのキャッシュバック

WiMAX

本当にお得か?WiMAXのキャッシュバックで後悔しないためにチェックすべき注意点

投稿日:

家でも外でも利用できるモバイルWiFiルーターは便利ですが、回線が同じワイマックスならば少しでも安くてお得なプロバイダを選びたいものです。
いくつかのWiMAXプロバイダを調べていると、高額キャッシュバックキャンペーンを目にすることがあります。
どうせならキャッシュバックはないよりもあった方が魅力的ですが、問題なのは本当にお得になるのかどうかですね?
そもそもあなたがキャッシュバックの適用条件に当てはまるか分からないため、まずはキャンペーン内容をしっかりと確認することが大事。
そこでWiMAXプロバイダが行っているキャッシュバックキャンペーンについて、ないプロバイダと比較してお得かどうかなどを解説します。

誰もが貰えるわけではない!キャッシュバックの適用条件をチェック

キャッシュバック特典はキャンペーン期間中に申し込めば、誰でも確実に貰えるわけではありません。
金額だけを見て得だと思ってしまうと、結果的に貰えなかった場合には丸々損をすることになります。
そこでキャッシュバックの条件にはどういったものがあるのか、主な3つのパターンについて解説します。

au加入者向けのキャッシュバックはお得度大

WiMAXプロバイダではauスマホ利用者向けのキャッシュバックが行われており、ドコモやソフトバンク利用者にとってはスマホキャリアを変更しないと適用条件を満たせないパターンです。
特に30,000円以上の高額キャッシュバックが行われていることが多いため、金額だけではなく条件面にau関連の記載がないかもチェックすること。
普段からauスマホを利用していない場合には、キャッシュバックのためにMNPを利用してまずはauへの乗り換えが必要になるため、その価値があるか他の条件面を比較することが大事です。
3WiMAXなどが行っているau関連のキャッシュバックでは、30,000円のキャッシュバックの他に、auに支払っている月々のスマホ代も最大1,000円割引になるなど、条件次第ではとてもお得度が高い内容になっています。

違約金相当額のキャッシュバック

WiMAXプロバイダとの契約は複数年契約が主流になっているため、どうしても解約するときには違約金が必要になりやすく、乗り換えたくても更新月まで我慢して使い続けることがあります。
ですがキャッシュバックの中には、その違約金や解約手数料分の金額をキャッシュバックしてくれるプロバイダがあります。

例えばBroadWiMAXの場合、上限19,000円までをキャッシュバックしてくれますが、この設定金額は大抵のプロバイダですぐに解約した場合の違約金なので自己負担を気にしなくて大丈夫。
契約期間が長くなれば解約手数料などの負担金額は下がりますが、違約金分のキャッシュバックだけでお得になるわけではないから勘違いしないこと。
現在契約中のプロバイダがなければ解約金がそもそも必要ないため、このタイプのキャッシュバックは利用できません。

契約年数や端末によって変わるキャッシュバック

珍しい所では、とくとくBB WiMAX2+で行われているキャッシュバックは、契約年数や選んだ端末によって金額が変わるというタイプです。
最新端末になるほど貰える金額は少なくなりますが、最大通信速度が活かせないエリアだったり、連続通信時間などの条件次第では最新端末よりも旧型の方が魅力的な場合もあります。

例えば最新のSpeed Wi-Fi NEXT W05を選んだ場合、
・3年プラン:39,450円
・2年プラン:31,200円
となりますが、
旧型のSpeed Wi-Fi NEXT W04を選んだ場合には、
・3年プラン:32,050円
・2年プラン:32,050円
と短い2年プランもお得に利用できるという違いがあります。
最大39,450円のために3年契約を選ぶよりも、キャッシュバック金額は少し減りますが、最新端末で2年契約を選ぶのもおすすめです。

高額なキャッシュバックがあっても回線は同じだから品質面は大丈夫

高額なキャッシュバックの行われているプロバイダがある一方で、ないプロバイダがあるためサービスが劣るのではないかと不安に思うかもしれません。
ですがWiMAXプロバイダで利用する回線は、UQコミュニケーションズのような大手がキャリアとして運営している回線なので大丈夫です。
利用するアンテナ設備や回線が同じものになるため、繋がりやすさや通信速度と言った面での差は誤差範囲と考えて済む程度。

キャリヤ本家の運営しているUQ WiMAXでUQ Flatツープラス ギガ放題を3年契約するよりも、品質が同じならキャンペーンが充実しているプロバイダを選んだ方がお得です。
しかも他のプロバイダであれば、2年契約でも月額料金がお得なプランが選べるから、縛り期間も短くて済むのでおすすめ。
会社の知名度ではCMなども行っている本家UQコミュニケーションズが有名ですが、宣伝費用を抑えている分、他のプロバイダの方がお得な傾向があります。

受け取れない可能性もある!キャッシュバック4つの注意点

WiMAXを申し込む時点ではキャッシュバックは必ず受け取れる気持ちでいるはずですが、現実は甘くないので注意が必要です。
貰えると思っていたお金が、期限切れなどちょっとしたことで0円になる可能性があるため注意点を解説します。

受け取れる時期がいつか確認しておくこと

キャッシュバックはすぐもらえることは少なく、一定の契約期間が過ぎなければ受け取れないことが多いため場合によっては1年近く待つこともあります。
すぐに貰えるものとして考えていると、キャッシュバックのお金で買いたかったものが買えないので、受け取りがいつになるのか申し込み前に必ずチェックすること。
契約期間が短い状況で解約してしまうと、キャッシュバックが貰えないのに違約金を払うことになるなど、想像以上に損をすることになります。
最低でも受け取るまでは契約を続けられることが前提なので、いつなのか確認することが大切です。

受け取り手続きの必要性を確認

キャッシュバックの中には手続きをしなくても、ギフト券などの形で登録した住所に送られてくるケースもあります。
ですが高額キャッシュバックになるほど、受取に関しての手続きが必要になるので注意が必要です。
お知らせメールのリンクから振込先の口座情報などを連絡しないと、そのまま期限切れになり貰えなくなる場合もあります。
口コミでも連絡のメールを見逃してしまい、期限切れになって貰えなくてガッカリした人がいるため、手続きが必要なのかも事前にチェックしておくこと。

プラン限定や縛り期間によって対象外の可能性もある

キャッシュバックはキャンペーン中であれば、契約者全員が対象となる場合もありますが、実際にはプランなどが限定されているケースが多いので注意。
3年プランを申し込まないと対象外の場合など、勘違いして2年プランを申し込むと貰えません。
auスマホ関係のキャッシュバックでは、専用プランが用意されているプロバイダもあるので、一般向けのプランで申し込まないようにチェックして間違えないこと。

対象はサイトから申し込みだけで電話は駄目な場合も

キャッシュバックの申し込み条件の中には、サイトからの申し込みのみ適用で、電話申し込みは駄目なことがあるので注意が必要です。
電話で色々と相談しながらそのまま申し込んでしまうと、キャッシュバック対象外になり貰えません。
電話サポートで相談した場合にも、申し込みは公式サイトから改めて行うようにすること。
サイトから申し込む際も、必ずキャッシュバックの条件に当てはまっていることを確認する慎重さが必要です。

キャッシュバックを含めて縛り期間の費用を比較した結果…

高額キャッシュバックがあると、それだけで得した気分になってしまうことがありますが、浮かれてすぐに契約してしまうと危険です。
契約期間が2~3年続くのですから、月額料金も含めて1ヶ月当たりの平均負担額で得か損かを考えなければなりません。
そこで3年プランが選択可能なプロバイダもありますが、利便性を考えると2年プランの方が断然おすすめなため、代表的なプロバイダの2年プランで実際に比較します。

キャッシュバックがあるプロバイダの平均月額料金

GMOとくとくBB:ギガ放題プラン(使い放題)
・キャッシュバック金額:最大39,450円(希望端末などにより変わる)
・月額料金:3,609円~
・契約期間と支払い総額:2年で101,004円
・1ヶ月あたりの平均額:約4,208円
・キャッシュバックを含めた1ヶ月平均額:
Speed Wi-Fi NEXT W04で2年契約の場合:32,050円のキャッシュバックで1ヶ月平均約2,873円
Speed Wi-Fi NEXT W05で2年契約の場合:31,200円のキャッシュバックで1ヶ月平均約2,908円

3WiMAX:auスマホ割プラン、ギガ放題(使い放題)
・キャッシュバック金額:30,000円
・月額料金:3,695円~
・契約期間と支払い総額:2年で102,650円
・1ヶ月あたりの平均額:約4,277円
・キャッシュバックを含めた1ヶ月平均額:約3,027円

キャッシュバックがないプロバイダの平均月額料金

カシモWiMAX:最安級プラン・ギガ放題プラン(使い放題)
・月額料金:1,380円~
・約期間と支払い総額:2年で77,120円
・1ヶ月あたりの平均額:約3,213円

DTI WiMAX 2+:ギガ放題プラン(使い放題)
・月額料金:3,500円~
・契約期間と支払い総額:2年で100,800円
・1ヶ月あたりの平均額:約4,200円

お得度を比較した結果まとめ

比較した結果、キャッシュバックのあるWiMAXプロバイダの方が、ないプロバイダよりも縛り期間中は1ヶ月あたりの平均支払い額が少なくても200円以上は割安になりました。
2年間では200円×24ヶ月で4,800円以上の差ですが、ないプロバイダは月額料金が割安になっているため、思ったよりも差が出なかったと感じるかもしれません。
DTI WiMAXに関しては2年プランで比較すると1ヶ月1,000円以上もの差が開くことになりましたが、よりお得な3年プランと比較しても600円以上の差になります。
高額なキャッシュバック金額のインパクトほどではないものの、やはりあるプロバイダが確実にお得になるのは注目ポイントです。

キャッシュバックは4つのポイントを抑えておけば安心です

縛り期間中の支払額を比較した結果、キャッシュバックがあるとお得なことは分かりましたが、問題は受け取りを忘れないことなど他にもあります。
あなたにとってキャッシュバックを理由としたWiMAXプロバイダとの契約が魅力的かどうか、見極めるための大事な4つのポイントを解説します。

契約年数が2年のプランで適用可能かチェック

キャッシュバックの適用条件の中には、契約年数が3年以上のプランだけという場合があります。
3年間も同じ端末を使い続けてしまうと、バッテリーも劣化するので連続通信時間がカタログ値よりもどんどんと短くなることに。
通信技術の変化も起こるため、出来るだけ短期間で乗り換えられるプロバイダがおすすめです。

今後は5Gなど次世代通信技術も普及し始めるので、今からWiMAXを契約するなら縛り期間の短い2年プランが選べるかチェックすること。
1年間の差はたいした違いではないないと思うかもしれませんが、6年目まで考えただけでも2年プランは3回も見直すチャンスがあるのに、3年プランは2回と丸1回分少なくなるのは大きな違い。
契約を続ける限りこの1年の差がずっとついて回るので、2年プランで適用できるかは大事なチェックポイントです。

受け取り手続きの時期はアプリなどで管理

キャッシュバックを受け取ればお得なことが分かりましたが、もし受け取れなければ大損することになります。
手続きが1年後のような場合には、いつの間にか忘れてしまう可能性が高まるので注意。
すぐに貰えるキャッシュバックほど金額は少ない傾向があるため、高額な場合は絶対に受け取り手続きを忘れないように申し込むときから準備しておくことがポイント。

キャンペーン内容に関する注意事項をチェックすれば、受け取り方法や時期についても書かれています。
その内容に合わせて、スマホのスケジュール管理やカレンダーアプリなどに入力しておき、お知らせ通知を設定しておけば忘れないで済むから大丈夫。

メールはアプリでまとめてチェックして見逃さない

キャッシュバック手続きのお知らせがメールで送られてくる場合、普段からあなたが利用しているアカウントとは違う可能性があるので注意すること。
契約したプロバイダが用意したメールアカウントに送られてくる場合もあり、普段からチェックしていないと見逃す危険性大。
最近のメールアプリは複数のアカウントをまとめて簡単に管理できるため、利用する予定がなくてもプロバイダのメールアカウントも契約したらすぐに登録しておくと安心です。
メールに記載されたリンクから振込口座を登録する場合もあるため、使う予定がないメールアドレスでも普段から確認する設定にしておくこと。

心配なら月額料金が安いプロバイダもあり

最終的な見極めのポイントとしては、キャッシュバックが受け取れるか不安な場合には他社も検討することです。
キャッシュバックキャンペーンを行っていないプロバイダも、月額料金を抑える方向でお得度は出しているから比較することがおすすめ。
カシモWiMAXのように月額料金の安さをウリにしたプロバイダであれば、毎月200円程度の差しか出ません。
受け取れない可能性があるキャンペーンよりも、確実に毎月の利用料金でお得になれる方が向いている可能性もあります。

後悔しないためにキャッシュバック金額以外でチェックすべき4つのポイント

モバイルWiFiルーターを利用するためのWiMAXプロバイダ選びには、利用料金のお得度以外にも大切なポイントがあります。
UQコミュニケーションズの回線を利用するため、プロバイダの違いによって電波品質に差が出にくいWiMAXでは、料金が安いことは重要なポイントですが、他のオプション関係もチェックしておくことが大事です。
契約してから使いたかったオプションがなくて、別に有料サービスを使うことになればお得度もなくなります。

メールアドレスがないプロバイダもあるから注意

インターネットプロバイダの多くは、その会社のドメインを利用したメールアドレスが利用できます。
大手携帯キャリアに関してもドコモやau、ソフトバンクとどの会社も専用のメールアドレスが使えるため当然のサービスだと思っているかもしれません。
ですがWiMAXプロバイダの中には、このメールアドレスが使えない場合もあるから注意。
無料か有料という違いだけではなく、サービスそのものが提供されていないため有料でも利用できないプロバイダもあります。

メールアドレスはスマホ用のもので足りている場合には問題ないものの、必要なら利用できるか確認しておくこと。
ただ、お得なキャンペーンを利用した定期的な乗り換えが前提ならば、Yahoo!メールやGmailなどの無料メールサービスを利用する方法もあるから必要なら取得しておけば大丈夫です。

補償オプションは各社で似ているが内容が違うから注意

WiMAXプロバイダの多くが有料オプションとして、端末補償に加入することが出来ます。
外出時でも利用できるモバイルWiFiルーターは、持ち歩く頻度が多く雨に濡れたり落としたりする可能性が高いので、不安な場合には加入しておけばもしものときも安心です。
ただ、注意しておきたいのは、加入金額や補償内容が各社で違っていること。
安心して活用するためにも、水濡れや盗難など自然故障以外でも必要な補償が受けられるプロバイダを選ぶことが重要です。

クレードルが本当に必要かよく検討する

スマホも充電がなくなると利用できませんが、WiMAX端末も同じようにバッテリー駆動なので充電が必要です。
そこで気になるのがクレードルはあった方が良いのかどうか。
結論から言うとあった方が断然便利ですが、料金をよく考えて検討するのがおすすめです。
置くだけで充電できるなど使うととても便利ですが、代金が3,000円前後かかる場合が多く、その価値があるか考えると微妙な場合も。

スマホを充電するのと同じタイミングで充電すれば手間も気にならないため、最初は購入せずに利用して様子を見るのもありです。
後から欲しくなった場合には、フリマアプリやネット通販で安く購入できることも多いので、契約時にプロバイダから一緒に購入しなくても問題ありません。
自宅でしか絶対に利用しない場合には、モバイルタイプではなくホームタイプの端末を選べばクレードルはないから大丈夫。

端末の性能は十分か3つのポイントで検討して決める

WiMAXプロバイダによっては、いくつかの端末から希望のものを選べます。
大抵はモバイルタイプとホームタイプが選べますが、さらに選択肢があった場合には性能が使い方に合っているか比較・検討することが大事。
特に注目すべきポイントは、
・最大通信速度
最大通信速度は最新端末の方が速い傾向がありますが、活かせるエリアは限られています。
対応エリア外での利用ばかりなら遅くても差が出ないため、旧型の端末でも体感速度は変わりません。
ですが対応エリア内なら、快適なネット利用が可能になるため重要なポイントです。

・連続通信時間
連続通信時間は長ければそれだけ安心して使用できるため、誰もが恩恵を受けやすいチェックポイント。
外出時に長時間連続で使わない場合も、充電する回数が減るから長い方がメリットです。

・同時接続台数
同時接続台数に関しては、スマホやタブレット、ゲーム機といくつもの機器を接続できるから多い方が安心。
一度に様々な機器を同時接続して利用する可能性は低いため少なくても大丈夫ですが、仕事関係や友達グループで利用する可能性があるなら多い方が便利です。

カシモWiMAXの最安級プランのように、プロバイダや料金プランによっては旧型端末を利用することもあるので、この3つのポイントは必ずあなたの必要条件を満たしているかチェックしておくこと。
GMOとくとくBBではキャッシュバック金額が端末によって変わるため、お得度だけではなく端末の性能もチェックして比較することが大事です。

WiMAXのキャッシュバックはお得なのか、まとめ

高額なキャッシュバックキャンペーンを見てしまうと、それだけでお得に感じてしまうものです。
ですが実際にいくつかのプロバイダを比較した結果、お得になりますがその差は月々200円~とあまり大きな差ではありません。
比較するプロバイダによっては1,000円以上お得になることがあるものの、安くても回線品質に差が出にくいWiMAX回線では割高なプロバイダを選ぶ必要がないのです。

キャッシュバック特典のあるプロバイダからは、更新月には乗り換えることが前提になる点も注意。
月額料金はキャッシュバックがないプロバイダの方が割安な設定が多いため、継続利用しているとどんどんお得度はなくなり損をすることもあります。
そのため、キャッシュバックでお得に利用するポイントをまとめると、

  • 契約期間は2年のプロバイダ
  • 契約更新月には他のプロバイダに乗り換えて、新たなキャンペーンを利用する
  • 条件や手続きをチェックして確実に特典を貰う
  • メールは乗り換えを前提にスマホキャリアやフリーメールを利用

となり、これらのポイントを踏まえてWiMAXプロバイダを比較・検討するのがおすすめです。

-WiMAX

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile