速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

Wifiレンタルどっとこむ

『WiFiレンタルどっとこむ』短期・長期のピッタリなレンタルプランが選べる

引っ越し直後や出張時、旅先など、様々な場所や理由でインターネット環境が使いにくくなることがあります。
普段のネット利用はスマホだけで問題なくても、クラウド上の資料を見たり情報を確認する場合はタブレット端末のような大画面の方が便利です。
グループで旅行に行ったときなど、画面の小さいスマホでは検索したお店の情報を皆で見るのが大変という悩みも多く、画面が大きければ写真のチェックもしやすくなります。
短期間のネット接続環境が必要な場合には、レンタルWiFiサービスを利用すると便利。
縛り期間がないので数日の利用でも無駄な出費がなく、必要な日数だけ利用しやすいのがメリットです。
そこでレンタルWiFi会社である「WiFiレンタルどっとこむ」について、他社と比較しやすいように詳しく解説します。

レンタルWiFi会社のWiFiレンタルどっとこむはどんな会社なの?

WiFiレンタルどっとこむは株式会社ビジョンが運営しているレンタルWiFiサービスであり、本社は東京都新宿区にあります。
東証一部上場企業のため、知名度が低くて聞いたことがなくてもサービスには信頼性があるから大丈夫です。
旅行や出張の際にも利用しやすいように、国内の主要な空港にあるカウンターでも受取や返却ができるのもポイント。

国内サービスがメインですが海外用のサービスもあり、海外旅行の際にはそのまま同じ端末が利用できるプランもあるから便利です。
国内には北海道札幌市や大阪府大阪市などに営業所があり、ハワイやシンガポールなどには海外拠点もあるので、様々なシーンで安心してレンタルWiFiサービスが利用できます。

一番気になるのは値段?WiFiレンタルどっとこむの料金プランなどを解説

WiFiレンタルどっとこむを利用すれば、引っ越し先の固定回線が開通するまでの期間など、短期間での利用もできるから便利です。
最低レンタル日数も1日からなので、1週間など必要ないのに借り続けなくて済むから無駄がありません。

WiFiレンタルどっとこむのレンタル料金について

WiFiレンタルどっとこむでWiFiルーターをレンタルする場合、データ容量や端末、キャリア回線の種類によってレンタル料金が変わります。

SoftBank 4G LTEエリア向け端末の場合、
・SoftBank 303ZT(データ無制限):1日432円、30泊31日6,480円(1日あたり209円)
・SoftBank 501HW(月間10GB):1日1,500円、30泊31日4,410円(1日あたり142円)
などとなります。
データ容量が月間の制限容量で考えるため、10GBのような制限プランは短期間ではなく、30泊31日で利用するとお得になっています。
逆にデータ無制限の場合には、短期間で借りてもお得になるから申し込む際は間違えないこと。

SoftBank回線が利用しにくいエリアならドコモやWiMAX回線用の端末もあり、
ドコモXiエリア向け端末
・E5383(月間12GB):1日1,400円、30泊31日3,670円(1日あたり118円)
WiMAX2+エリア向け端末
・WiMAX WX02(無制限):1日432円、30泊31日6,480円(1日あたり209円)
となり、あなたの利用環境によって、回線や端末、データ容量を選んでレンタルすることが出来るから無駄がありません。

申し込みはホームページからすぐに出来るので簡単

レンタルの申し込みは公式サイトから簡単に行うことができ、分からないことがあった場合はフリーダイヤルで問い合わせることも可能です。
端末によって回線のキャリアが違うため、分かりにくい場合は事前に電話で相談しておくと安心して申し込めます。

申し込む際には支払い用のクレジットカードが必要なので、手元に用意しておくとスムーズに申し込み手続きが終わりますし、持っていない場合は申し込めないので注意。
宅配便での受け取りを希望の場合、当日13時までに申し込めばその日のうちに発送して貰えるため、すぐに利用したい場合も大丈夫です。

送料や受け取り・返却方法

受け取りには自宅などで受け取る宅配便の他に、出張や旅行の際に便利な主要空港内にあるカウンターでの受け取りが選べます。
どちらも送料か手数料が540円かかるので、便利な方を選んでも支払総額は変わりません。
東京都内への出張や観光の場合には、渋谷にある「渋谷ちかみち」か新宿区歌舞伎町にある「歌舞伎城」で受け取ることも可能。
手数料は変わりませんが、電車やバスで都内に到着してからでも受取れるので便利です。

返却方法は受け取りとは違う方法を選ぶことも可能ですが、空港カウンターは手数料が540円必要です。
宅配便は実費になるので高くなり易く、おすすめは郵便ポストを使った返却。
ポスト返却の場合は同梱の返却用封筒に入れてポストへ入れるだけで済み、手軽で返却手数料も510円とお得になっています。
ポストは病院などにもあることが多く、入院時に一時的に利用したい場合も便利です。

WiFiレンタルどっとこむのオプションや注意点

WiFiレンタルどっとこむにはオプションとして、1日43円と手軽な料金で安心補償サービスに加入することが可能です。
加入しておくと端末を紛失したり盗まれた際に、42,000円の弁済金が80%免除されて8,400円で済みます。
国内利用ではあまり盗難のリスクは高くないものの、持ち歩くモバイルWiFiルーターだけに、もしもの時に備えて加入しておくのがおすすめです。

申し込んだ後に予定が変わった場合など、キャンセルするときにはキャンセル料が発生する場合があるので注意。
4日前までにキャンセルすれば無料ですが、その後になると手続きをしても申込金額の100%がキャンセル料として取られます。

国外でも利用できる端末も選べるから便利

WiFiレンタルどっとこむは商品が多く、国内のSoftBankやドコモ、WiMAX回線専用の端末がレンタルの中心ですが、海外でも利用できるSoftBank GlocalMeも選ぶことが可能です。
これは国内ではSoftBank回線が無制限で利用可能なプランであり、海外でもそのまま同じ端末が利用できる優れもの。
海外は利用した日のみの課金なので、スマホの国際ローミングのように料金が高額になる心配もありません。

レンタル料金は国内分として、1日432円~30泊31日6,480円(1日あたり209円)となり、その他に海外で利用した場合には国によって1日毎に課金されます。
アジアエリアでは
・1日500MB:670円
・1日1GB:970円
アジア以外のエリアでは
・1日500MB:970円
・1日1GB:1,270円
と利用に応じた2段階定額制の課金なので安心して利用できます。
対応国もアジアでは中国や韓国などがあり、その他のエリアではアメリカやスイス、イタリアなど主な国なら4G LTE回線で快適なネット接続が可能です。

WiFiレンタルどっとこむの利用が向いているのはこんな人

インターネット環境が必要なものの、データ容量をあまり使わない人にはWiFiレンタルどっとこむが向いています。
他社の場合は使い放題がウリになっているプランが多いものの、30泊31日で利用可能データ量が7GBや10GBといった割安の制限プランが選べるから便利。
大容量のネット利用はしなくても、地図やお店情報などを調べたい場合におすすめです。

長期レンタルを考えているけれど、その間に海外旅行に行く予定がある場合にも向いています。
端末は限定されてしまいますが、同一の端末を国内と国外の両方で利用できるから便利です。
レンタル料金も海外分は利用した日だけの課金で済み、海外旅行に行くときも同じように使えるから便利。
SIMカードをクラウドSIMに切り替えて利用するため、50ヶ国以上ある対応国ならば渡航先を気にせずに接続できるので初心者も安心です。

WiFiレンタルどっとこむが向いていない場合もあるので注意

海外での利用が多くなる場合には、海外WiFiレンタルサービスを利用する方がお得になることが多いので向いていません。
WiFiレンタルどっとこむはあくまでも国内レンタルにプラスして利用できるサービスのため、観光旅行程度だと便利ですが、何日も利用するような長期的な利用はレンタル料金が割高になりやすいのでおすすめできません。

支払い方法がクレジットカードしか用意されていないため、持っていない学生の利用には向いていません。
受験のために都内のホテルで一時的に生活する場合など、レンタルWiFiがあると便利ですが申し込むことは出来ないので注意。
ただ、保護者に頼むことも出来るので、必要に応じて親に相談すれば大丈夫です。

WiFiレンタルどっとこむを使った人たちの口コミ・評判

短期間のレンタルが出来るから助かりました

木暮/34歳/愛知県豊橋市
仕事の都合で高速WiFiルーターが使えると便利だったので、WiFiレンタルどっとこむで借りて利用しました。
長期的に必要な訳ではなくて、3日間だけ利用できれば良かったので短期レンタルがリーズナブルで助かりました。
回線はWiMAX回線の機種を選びましたが、思ったよりも速度が速かったのも良かったです。

海外旅行にも使える機種があって良かった

トラ丸/29歳/広島県廿日市市
週末に香港に旅行に行く予定があったから、海外でも使えるレンタルWiFiを探してたんです。
自宅と会社でモバイル接続がどの程度か試したいという思いもあって、WiFiレンタルどっとこむを利用しました。
ここには日本と海外の両方で利用できる端末があるので、無駄なく利用感を知ることが出来たので良かったですよ。
思ったよりもイイ感じだったから、ポケットwifiを契約しようと思います。

引っ越ししてからもインターネットが利用できて安心です

良子/31歳/山梨県甲府市
引っ越し先のインターネット利用に間が空くことになって、仕方なくWiFiレンタルどっとこむでモバイルルーターを借りてつないだんです。
引っ越し予定に合わせて機械を送って貰えたから、焦らずに安心できました。
返却もポストに入れて終わりだったので、短期間のレンタルにはピッタリでした。

レンタルWiFiのWiFiレンタルどっとこむに関するQ&A

Q.通信容量は無制限プランですか?

A.データ容量は申し込んだプランによって決まりますが、無制限プランもあるので大丈夫です。
無制限プランの他にも、長期レンタルがお得な月間12GBまでのような制限プランもあります。
ただし、海外で利用する場合にはデータ量によって、1日500MBと1GBの2段階課金になり無制限ではありません。

Q.空港返却よりもポストの方が手数料が安いの?

A.はい、空港カウンターでは手数料が1台540円かかりますが、ポストへの投函なら510円で済みます。
ただし、返却が利用終了日までに終わらなかった場合、自動的に延長されてしまうため、旅行日程などが変更になりギリギリで返却する場合には空港カウンターが便利。
ホテルなどで利用する場合には、返却日が決めやすいのでポスト返却がおすすめです。

Q.回線はどうやって選べば良いの?

A.回線の種類によって最大速度や通信可能エリアに多少の違いがあります。
都市部で通信速度を求める場合にはWiMAX回線が便利ですが、地方や山間部などでの繋がりやすさ重視ならSoftBank回線やドコモ回線が人気です。
エリア確認ページへのリンクも用意されているので、利用者の通信エリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

投稿日:

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.