速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

Wimaxの端末代金は

最近人気のページ

WiMAX

WiMAXルーター選びは端末代金無料のプロバイダが多いから最新機種が様々な点でおすすめ

投稿日:

iPhoneやXperiaのようにスマートフォンには様々な機種がありますが、WiMAXルーターに関しても同じようにいくつかの機種から選ぶことが出来ます。
ですが荷物の中にしまったまま使用するモバイルWiFiルーターなので、手持ちで使うスマホとは違いこだわりを持たないユーザーが多いのも事実です。
中にはお店で勧められたからと言う理由で端末を決めてしまう人もいますが、それだと旧型の処分を押しつけられてしまう可能性もあるから注意が必要。
WiMAX端末はそれぞれの性能差があるため、特にこだわりがない人もなんとなく決めてしまうと後々後悔することに。
WiMAX回線の高速通信を満喫出来るように、端末選びのポイントを分かりやすく解説します。

端末には2種類あるがモバイルタイプを選ぶのが基本

WiMAXサービスで選べるルーターは大きく分けて2つのタイプがあり、一つは自宅などの室内だけで利用するためのホームタイプと呼ばれる据え置き機種で、家庭用の無線LANルーターと同じように電源アダプタを接続して利用するタイプ。
このホームタイプは現在Speed Wi-Fi HOME L01とL01sの2種類しか選択肢がなく、L01sはL01のマイナーチェンジ機種なので、必要な場合は自然とL01s一択になり比較・検討するほど種類はありません。
もう一つは多くのWiMAXユーザーが利用しているモバイルタイプと呼ばれる機種で、スマホと同じようにバッテリーを内蔵しているため、持ち歩いて屋外でも利用できるから出先でスマホやタブレットのインターネット接続にも活躍します。

この2つのタイプは利用方法が大きく違うので、WiMAX契約を申し込むときの端末選びで迷うことはないはずですが、よく分からない場合にはモバイルタイプを選んでおくこと。
ホームタイプは持ち運びながらの利用はできませんが、モバイルタイプなら自宅でホームタイプのようにも使用可能だから後悔しなくて済みます。
同時接続台数はホームタイプが多いのですが、モバイルタイプでも一般的な利用なら困らない性能はありますし、ハブを使えば接続台数を増やすことが出来るから大丈夫です。

心配ならエコモードがあるため連続通信時間は気にしなくても大丈夫

選択肢が少ないホームタイプとは違い、モバイルタイプのWiMAX機種を選ぶ際に気になるチェックポイントは、やはり連続通信時間でありバッテリーがどれだけ持つかということですね。
外出時に使っている最中に充電しなくても済むように、出来るだけ連続時間が長い機種を選ぶことが基本です。
普段はどんなに高速通信ができて便利でも、電池切れ状態では荷物になるだけなので、しっかりと動いて貰うためにも連続通信時間は大事なチェックポイント。

ただ、WiMAXルーターがフル充電してあれば、どの端末でも9時間以上の連続通信時間はあるため、普通に仕事や学校に行って帰るまでなら対応可能です。
しかも端末によって呼び名は変わりますが、本体の動作設定を省エネモードやエコモードに変更することで、連続通信時間を伸ばすことも出来るから大丈夫。
動作設定を変えることで最大速度は遅くなるものの、地図アプリのチェックなどでは気になるほど遅くはなりません。

回線速度よりも安心して利用できるメリットの方が大きいため、もし他の基準から連続通信時間に不安のある端末を選んだ場合でも対策があるから大丈夫です。
最近はスマホの充電忘れなどの対策として、モバイルバッテリーを持ち歩く人も増えていますね。
WiMAXルーターに関しても接続端子がスマホにも採用されているUSB Type-CやmicroUSBになっていて、モバイルバッテリーを使った充電が可能なのでもしもの時も対応出来ます。

最大通信速度は対応エリア内でしか活きないが将来を見据えておくこと

WiMAXルーターを選ぶ際のポイントとして、比較しやすく気になるのが対応している最大通信速度の違いです。
現在は最新端末のSpeed Wi-Fi NEXT W05を利用した場合、下り最大758Mbps対応ですが、それ以前だと下り最大440Mbpsの機種もあります。
ですが最大速度でインターネット接続ができるのは一部の通信エリアだけなので、それ以外のエリアで利用するからと気にしない人もいるようです。

友達がWiMAXを使っていた場合、最大通信速度では使えていなかったから気にしなくて大丈夫と思うこともあります。
ただし、これから先もどんどんと最大通信速度は高まっていきますし、利用可能なサービスエリアも広がっていくものです。
たまたま使用した場所が悪くて、少し移動しただけで電波状況が改善する場合もあるため、持ち運べるWiMAX端末ではスペック重視もあり。

最初の契約段階でエリア外だからと最大速度の遅い端末を選んでしまうと、機種変や乗り換えをするまでそのまま使い続けることに。
3年プランの場合はもちろん、2年プランを選んでいても契約期間の2年は十分に長いため、その間に対応エリア内に変わる可能性もあります。
引っ越しをする可能性もありますし後々どうなるか分からないからこそ、こだわりがないなら最初の段階で将来を見据えて最新機種を選んでおくのがおすすめです。

どの機種も小型軽量なのでサイズ感の大きな差はない

持ち運ぶことの多いモバイルルーターですから、選ぶ時には本体の大きさも気になるポイントです。
モバイルタイプに関しては、重いものでも本体重量はSpeed Wi-Fi NEXT W04の約140gなので、缶コーヒーよりも軽いから大丈夫。
大きさ的にも片手で簡単に持てるほど小さいため、あまり本体サイズは気にする必要はありません。

ただ、厚みに関しては荷物の中に入れた場合に気になることがあるため、薄いタイプを選んだ方が満足度は高くなります。
幅や高さとは違って厚みはバッグの中を圧迫しやすい要素になるため、チェックするなら厚み重視がおすすめ。
スマホのように手に持って使うわけではないので、大きさや重さは機種選びでの重要性は低いポイントです。

端末代金は同じ?!迷ったらSpeed Wi-Fi NEXT W05を選んでおけば大丈夫

ネットで色々な端末を比較していると、結局迷ってしまいどれがいいのか分からなくなることも。
そこで紹介するWiMAXおすすめ機種は、発売日も2018年1月19日と現在の最新機種となるファーウェイ製Speed Wi-Fi NEXT W05。
この機種は連続通信時間がノーマルモードで約9時間あり、最大通信速度も下り758Mbps、上り112.5MbpsとWiMAX端末の中で一番の高性能を誇る端末です。

オプションのクレードルは以前の機種用とは違ってWiFiアンテナ内蔵型ではありませんが、無線LAN接続の安定なら中継器で対応出来るからベース性能の高さの方が重要。
本体カラーも2色から選べるため、好みに合わせることが出来るから満足度も高まります。
厚さも12.6mmと他のモバイルタイプと比べて薄くなっているから、バッグのサイドポケットにいれても邪魔になりにくいからおすすめです。

しかも最新機種と言っても、WiMAXプロバイダが行っているキャンペーンがあるため、機種代金は無料の場合が殆ど。
一部のプロバイダではキャッシュバック金額が変わったり、カシモWiMAXのように月額料金が変わることもありますが、差がないプロバイダが多いからモバイルルーターにこだわりがない人ほど最新機種であるW05を選ぶべきです。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile