速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

WiMAX

大容量パケットプランよりWiMAX?スマホの通信費が節約できる基準を解説

投稿日:

WiMAXサービスを検討している人には、インターネット利用が高速になることと毎月の通信費の節約が出来るかもしれないという2つの理由が多いようです。
スマホのLTE通信よりもWiMAX通信の方が高速になるため、高画質動画を楽しむときなどにその差を実感することが出来ます。
しかもWiMAXは携帯電話キャリアとは違って、料金プランが分かりやすいので併用した場合も毎月の通信費が計算しやすいから便利。
スマホ料金は通話プランとパケットプランを組み合わせたり、更に割引オプションを含めたりと色々なパターンがあって分かりにくいものです。
利用可能なエリアも広がって便利になったWiMAX回線を利用した方が通信料金の節約になるのか、スマホだけで正解なのかを料金を比較しながら解説します。

WiMAXの料金プランは2種類だから検討しやすい

いくつものプランや割引サービスが揃っている大手携帯電話キャリアとは違って、WiMAXプロバイダで契約出来るプランは大きく分けて2種類だけ。
一つは多くのWiMAXユーザーが選ぶ毎月定額で使い放題になるギガ放題プランと、月間データ容量が7GBまでとなるライトプランです。
WiMAXプロバイダによってプランの名称は若干異なりますが、基本的には名前が違っても内容的には使い放題と7GB制限の2種類だけなので分かりやすいから大丈夫。

例えばWiMAXの通信キャリアであるUQコミュニケーションズが提供しているUQ WiMAXの月額料金がいくらかというと、
・UQ Flatツープラスギガ放題:4,380円
・UQ Flatツープラス(ライトプラン):3,696円
となり、料金プラン間の差額は毎月684円です。
ワンコインとは行きませんが1,000円以下の差で7GBが無制限になるため、おすすめは断然ギガ放題プランです。

他のWiMAXプロバイダに関しては、
■カシモWiMAX
・ギガ放題プラン:4,079円
・ライトプラン:3,379円
■3WiMAX
・プレミアムギガ放題プラン:3,995円
・プレミアムライトプラン:3,360円
■DTI WiMAX 2+
・ギガ放題プラン:3,760円
・ライトプラン:3,500円
となっており、どのプロバイダでも2種類のプランから選ぶことが出来て、ギガ放題プランの方が高いものの各社1,000円以下の差額で使い放題になるなど比較・検討がしやすく分かりやすいのが特徴。
毎月使いそうなパケット容量が7GBで済むかどうかだけを考えれば、WiMAXサービスでは料金プランが決まるから簡単です。
7GBを超えそうならギガ放題を選んでおけば良いので、20GBで足りる?30GBあった方が良い?といくつものパケット容量の中から悩む必要がないため、WiMAX契約は分かりやすいのがポイント。

大手キャリアのパケットプランと比較すると節約可能な基準が明らかに

WiMAXのギガ放題プランは各プロバイダで多少の差はありますが、概ねどこでも4,000円前後になっていましたね。
そこでスマホキャリア大手であるドコモ、au、ソフトバンクのパケットプランを比較した場合どうなるのか解説します。

■NTTドコモ
大容量の定額パケットプランは
・ウルトラデータLパック(20GB):6,000円
・ウルトラデータLLパック(30GB):8,000円
となり、4,000円で利用する場合は従量制で
・ベーシックパック(~3GBまで):4,000円
となっているので、ギガ放題の7GBどころか3GBを超えた段階で料金は5,000円~になります。

■au
大容量の定額パケットプランは
・auフラットプラン(シンプル)20GB:6,000円
・auフラットプラン(シンプル)30GB:8,000円
となり、4,000円で利用する場合は従量制で
・auピタットプラン(シンプル)~3GB:3,980円
となりますが、auはシンプルプランという音声通話プラン分も含まれているため、4,000円で利用できるパケット容量はもう一段階上と考えても5GBまでなので、やはり7GBよりも少ない状況です。

ちなみにauスマホ利用者に関しては、Broad WiMAXや3WiMAXなどの一部のWiMAXプロバイダには、auスマホ利用者向けのキャンペーンや特別プランが用意されているため、他のキャリア利用者よりもWiMAX契約を併用する際のメリットが多くなります。

■ソフトバンク
大容量の定額パケットプランは
・ギガモンスター(20GB):6,000円
・ウルトラギガモンスター(50GB):7,000円
となり、4,000円で利用する場合は
・データ定額ミニ 2GB:3,500円
があるものの、データ定額ミニ 2GBは通話プランによって選べないなどデメリットも多く、他のパケットプランもデータ使用量が少ないため、WiMAXのライトプランと比較すると魅力の無いプラン内容です。

基準は3GB!月間データ通信量が増えるほどWiMAXがお得に

スマホの通信費を節約できるかどうかの基準は上記のように各キャリアによって多少違いますが、月間通信量が3GBを超えるならWiMAXのライトプランが選択肢として有力に。
差額が少しなら請求が一社で済むなどのメリット重視で決める方法もありますが、もし20GBのような定額大容量プランを契約もしくは検討しているなら、ギガ放題プランを契約した方が節約できます。
金額的にも毎月約2,000円~の差となるため、最初は契約手続きなどの手間もかかりますが、すぐにでも検討する価値のある節約額です。

利用目的がメールやメッセージアプリが中心なら月間データ通信量も少ないため、スマホのままでプランを見直せば大丈夫ですが、高画質動画を見ると速度制限を受ける可能性が高まるのは面倒なもの。
余裕のある大容量パケットプランは各社定額になっているため、使わない月も料金は同額払うことになりますし、余裕があると思っていても最大30GBや50GBと無制限ではないから容量制限がついて回ります。
そのため大手キャリアの大容量パケットプランよりも安く、月間容量制限のないWiMAXのギガ放題が安心して利用するための選択肢としておすすめです。

高性能なスマホを使っているならギガ放題プランが満足度大

古いスマートフォンを使っている場合には、画面解像度も高くない場合があるので動画は標準画質で十分かもしれませんが、高性能スマホはフルHD以上の画面を搭載しているから高画質動画が活きてきます。
ゲームアプリも最新のものが楽しめますし、こういった利用方法はパケット容量が多くなるからギガ放題プランがおすすめです。
せっかく最新のiPhoneやタブレットなどの高性能端末を購入しても、通信制限を気にしてパケット量を節約するために低画質動画を見ていては意味もないしもったいない。

スマホキャリアのパケットプランしか選択肢が無いと思っていると、通信費が高額になるからインターネットの利用を躊躇することに。
ですがWiMAXサービスならばこれまで記事内で解説してきたように、月額約4,000円で月間容量無制限だから安心して高画質動画や最新ゲームアプリをダウンロード出来ます。
YouTubeやhuluなどの人気動画サービスも高画質化が進み、最近はSNSでも動画を楽しめるサービスが増えているので、特別な使い方をしなくてもパケット容量はすぐに数GBを超えてしまうから、節約と安心感の両方からWiMAXのギガ放題がおすすめです。

-WiMAX

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile