速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

WiMAX速度制限

最近人気のページ

WiMAX

WiMAXの速度制限は発動条件を理解すれば回避もしやすいから大丈夫

投稿日:

自宅はもちろん屋外でもインターネット接続に便利なモバイルWiFiルーターですが、注意しておかなければならないのが速度制限です。
特にWiMAXは使い放題だから契約するユーザーも多く、他のモバイル回線に比べて安心して大量のデータ通信を行う傾向があります。
スマホならパケット量を気にしながら使わなければなりませんが、固定回線のように定額で使い放題だからこそ使いすぎてしまい通信制限を受けることも。
必要な時に低速通信になってしまえばせっかくの高速通信が活かせないため、速度制限で悩まずに済むように、どういった条件で規制が行われるのかや回避方法を分かりやすく解説します。

WiMAXは契約プランによって速度制限が違ってくるから注意

WiMAXプロバイダと契約する場合、ギガ放題プラン(使い放題)とライトプラン(7GBのデータ量制限)があります。
この2種類のプランは月間のデータ容量が違うだけではなく、規制が始まった場合の最大速度にも違いがあるので注意しておくこと。
速度制限が行われる条件も違ってくるため、どちらの料金プランを契約しようか迷っているときには、通信容量の違いだけではなく、通信制限に関しても内容をよく確認しておかないと後悔することになります。

ギガ放題プランの速度制限は2種類ある

ギガ放題プランの速度制限は2種類に分かれており、一つは短期間で使いすぎた場合に行われます。
もう一つは月間通信量が7GBを超えて利用した場合に行われるものなので、この違いを理解しておかないととても危険です。
WiMAXを契約する場合には、キャリアのUQコミュニケーションズで契約する場合はもちろん、他のWiMAXプロバイダで契約する場合も条件は同じなので注意すること。
キャリアはお得感がない代わりに制限関係は緩いと思うかもしれませんが、サービス内容や条件に違いは無いのでルールを理解しておくことが大事です。

短期間で使いすぎた場合には1Mbps制限

WiMAX回線の通信容量を短期間で使いすぎた場合には、速度制限が行われることになりますが、この場合の最大通信速度は概ね1Mbpsです。
条件としては3日間で10GB以上の通信量となった場合なので、無制限だからといって1日で数GBのデータ量を使ってしまうと簡単に通信制限を受けることに。
このケースではあくまでも混雑回避が目的なので、速度制限が行われる時間帯は夕方18時頃から深夜2時頃までの混雑時だけで済みます。

ただし、直近3日間のデータ量で計算するため、一度制限が解除されてもある特定の1日で大量のデータ通信を行っているとすぐに次の制限が始まるので注意。
1日目:1GB
2日目:1GB
3日目:9GB
と使った場合、3日目が規制対象になるのは当然です。
ですが4日目は使わなくて0GBでも5日目に1GB以上のデータ通信を行うと、3日間の合計が10GBを超えてしまうので5日目まで制限対象となります。
当然ですが1日間で20GBのように10GB超の利用があると、次の日から殆ど利用しなくても翌々日までは3日間合計で10GBを超えるため対象です。

LTE通信を合計7GB以上使った場合

WiMAXにはハイスピードプラスエリアモードとして、WiMAX 2+回線ではなくau 4G LTE回線を利用するモードが用意されています。
契約プランによってはこのLTEオプションが無料で利用できるのですが、このLTE通信は使い放題ではないから注意。
au 4G LTE回線の月間データ通信量が合計で7GBを超えてしまった場合には、通信制限が行われるようになり、このケースでは最大速度は128kbpsまでと低速通信になります。

しかもこの速度制限は月間の合計通信量で計算するため、翌月になるまで制限解除がされない要注意ポイントです。
さらにこの制限には大きな問題点があり、それはLTE通信だけではなくWiMAX通信を使った通常利用にも影響が出ること。
ハイスピードプラスエリアモードのデータ容量が7GBを超えてしまった場合、全てのモードで速度制限が行われるため、設定を解除しても3日間で10GBの制限とは違い翌月まで常に128kbpsの低速通信になります。

ライトプランの速度制限につい


ライトプランの速度制限に関しては、月間の利用可能なデータ量が元々7GBまでのプランなので、3日間10GB以上で行われる通信制限は気にする必要はありません。
当然ですがLTE通信に関しても月間7GBまでは使えるわけですから、ライトプランではあくまでもモードに関係なく7GBを超えた場合の通信制限をチェックしておけば大丈夫。

ライトプランではデータ量が7GBを超えて通信制限が開始されると、最大通信速度が128kbpsになるため、普通の利用にもストレスを感じるほどに遅くなります。
メールの送受信など文字データのやり取りも遅く感じるほどなので、動画サイトなどを楽しむのは難しい状況。
ただし、最初からライトプランを選んで契約しているので、大量のデータ通信を行う予定はないはずですから、アプリのアップデートなどで普段よりも多く使った場合にパケット量を確認すれば大丈夫です。

速度制限を回避するための3つのポイント

速度制限で注意しなければならないのは、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合です。
3日間で10GBを超えた場合の速度制限は1Mbpsであり、128kbpsとは通信速度が大きく違って動画を標準画質で楽しめる程度の速度はあるため気にしすぎないこと。
多少は遅く感じますが規制も混雑する時間帯のみなので、1日中遅くなるわけではないから大丈夫です。

7GB制限を回避するには端末のモード変更を忘れない

7GB制限を回避するには普段からモバイルWiFiルーターの通信モード設定をハイスピードモードにしておき、ハイスピードプラスエリアモードに変更しないこと。
ビル内などで電波状況が悪化した場合にハイスピードプラスエリアモードにする場合は、本当に必要な利用だけにして、場所を移動したら忘れずに設定を解除することがポイントです。
WiMAX端末のモード設定変更を忘れてしまうと、大量のデータ通信をLTE回線も使って行うことになるため、通信速度は光回線並みの高速通信になりますが、あっという間に7GB制限を超えてしまいます。

アプリのアップデートは分けて平均的に利用する

1日で大量のデータ通信を行ってしまうと、3日間10GB制限を回避するためにはその後2日間も注意しなければなりません。
そのためスマホアプリのアップデートはこまめに行い、まとめて行わないことがポイントです。
ゲームアプリはイベント関係でダウンロードデータが多くなることがあるため、すぐに必要ないアップデートは日にちを分けると10GB制限を回避しやすいからおすすめ。
通信量カウンターなどをチェックし、使いすぎたと感じた場合には、動画視聴は高画質ではなく通常画質にするなどの工夫も効果的です。

ライトプランで制限が多いならギガ放題プランに変更

ライトプランで速度制限を毎月のように受ける人は、使用量と料金プランが合っていないため、ギガ放題プランに変更するのがおすすめです。
プロバイダによってはサイト上で変更手続きをすれば、毎月ギガ放題プランとライトプランの変更が可能だから、データ通信が多くなると分かっている場合には予め変更しておくと通信制限を受けずに済みます。
注意点としては月末になるとプラン変更を申し込んでも間に合わず、翌月ではなく翌々月からの変更になることがあるので、早めに変更手続きはすること。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile