速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

最近人気のページ

WiMAX

スマホの通信制限を回避するにはプランやキャリアを見直す他にも便利な方法があった

更新日:

スマホはつい使ってしまう便利さがあるため、いつの間にか通信制限がかかってしまい、必要な時に速度が遅くて困った経験をした人もたくさんいます。
通信制限の内容は大手キャリアはもちろん格安スマホ会社も同じようになっており、通信速度が送受信ともに最大128kbpsまで遅くなることに。
高画質動画は見られなくても、普通の動画が視聴できれば我慢もできます。
ですが128kbpsではそれも難しいから制限が解除されるまでは不満が続くため、それを回避する方法が必要。
どうすれば通信制限で困らない利用ができるのか、おすすめの方法を紹介します。

通信制限は使いすぎが原因だがすぐに解除する方法もあるから大丈夫

通信速度制限は契約しているプラン以上にデータ容量を使った場合に行われるため、あなたの選んだスマホプランと使い方が合っていない証拠です。
速度制限を回避するためにはデータ使用量に合わせた料金プランに見直して、ピッタリの内容に変更することが簡単な回避方法。
ただ、月額料金が高くなるなどプランを変更するとデメリットもあるため、他の回避方と比較して決めることも大切です。

我慢できるかも?通信制限はいつまで続くのか

速度制限が始まっても、すぐに解除されれば我慢できる場合もあります。
ですがドコモやauでは翌月の1日以降の解除となるため、数週間待たされることも。
ソフトバンクでは請求月末(締め日)までのため、契約日によって解除日に差はありますが、どのキャリアでも制限期間が長くなる可能性があるから解除まで我慢できるとは限りません。

すぐに解除も可能!方法はデータ容量の追加購入

ドコモやau、ソフトバンクなど、各キャリアでは1GB1,000円程度で高速通信のデータ容量を追加購入できます。
格安キャリアも追加購入によって解除可能な場合が多いので、たまたま使いすぎた場合には必要に応じて追加購入すれば大丈夫。
各キャリアには制限が始まりそうになると知らせてくれるメールサービスがあるので、メールを受信したらパケット通信の節約か追加購入か考えておくと安心です。
頻繁に使いすぎる場合はプランの見直しが必要ですが、特別な理由があって一時的に使いすぎた場合は、プランを変えずに容量の追加購入が解除方法として手軽でおすすめ。

必要のないデータ受信を減らせば余裕が出てくることもある

速度制限はパケット通信の使いすぎが原因なので、最近はデータ圧縮機能や広告ブロック機能の付いたブラウザアプリなどが人気です。
口コミでも上手に活用することで、サイトを見るときに余計なデータを受信しなくて済むと好評。
受信データが少なくなることで、サイトの表示が速くなるなどメリットの多い方法です。
スマホの標準ブラウザを使っている場合には、他の高機能アプリに切り替えるのもおすすめ。

スマホはアプリの自動更新など、バックグラウンドデータのやり取りが行われている場合も多く、ギリギリで制限回避をしようとしても失敗する場合があるので注意。
自動更新を解除しておくなど、勝手なデータ通信は制限しておくと安心です。
余計なデータ通信がなくなれば、それだけ今のままでも通信制限を受けにくくなります。

プランを見直すならキャリアも見直すチャンス

大手キャリアのデータパックは大容量になるほど高額になるため、同じ携帯会社内でプランの見直しを考えても支払いが増えるばかりで良い選択肢がない場合があります。
そんな時にはキャリアを変更することも含めて検討するのがおすすめ。
MNPを利用すれば電話番号も変わらず、格安スマホ会社に変更することで同じデータ容量が割安になることも多いと評判です。

実際に比較してみると、
大手キャリアの例
ドコモ
ウルトラデータLパック20GB:6,000円
ウルトラデータLLパック30GB:8,000円
au
auフラットプラン20GB:6,000円
auフラットプラン30GB:8,000円
SoftBank
ギガモンスター20GB:6,000円
ウルトラギガモンスター50GB:7,000円
と金額は各社殆ど横並びです。
しかもこの他に選んだ通話プランによって、料金が更に加算される場合もあります。

格安スマホ会社の例
イオンモバイル
音声20GBプラン:4,680円
音声30GBプラン:6,080円
楽天モバイル
通話SIM20GBプラン:4,750円
通話SIM30GBプラン:6,150円
格安スマホ会社は基本料金込みの金額なので、総額では2,000円以上の節約になる場合もあり、同じ負担額で考えるとより大容量のプランが利用可能だから通信制限を避けやすくなります。
しかもイオンモバイルでは、1GB480円と他社よりも安く高速通信分のデータ容量が追加購入可能。

使いすぎなければ大丈夫はウソ!3日間の制限によって通信速度が遅くなる

キャリアによっては直近3日間の通信容量によって、速度制限を行う場合があります。
auでは6GB以上などとキャリアによって違いはありますが、直近3日間の利用量が多いと大容量プランに加入していても通信制限になる可能性があるから注意。
動画の視聴やアプリのダウンロードを休日に集中して行うと、次の日に制限がかかる可能性があります。

使ったデータ量は各キャリアのあなたのアカウントページから確認できるため、利用が多くなって心配な場合はチェックしておくと安心です。
大容量のデータは自宅の固定回線や公衆Wi-Fiを使ってダウンロードするなど、使い方を工夫することで制限回避がしやすくなります。

使い放題プランが安心!通信制限回避と共に料金も安くなるからWiMAX回線がおすすめ

自宅の固定回線でもインターネットを利用している場合、スマホと自宅の両方でインターネット料金を支払っています。
光回線は高速通信が魅力ですし、上手に活用すれば速度制限を回避することも可能ですが、まとめて見直すことで大幅な節約になることも。
そこでおすすめなのがWiMAX回線であり、スマホよりも高速通信が可能なサービスだから、固定回線の必要性が低くなり支払総額を安く抑えるポイントです。

WiMAX回線はスマホよりも高速通信が可能

スマホはLTE回線を使っているため、建物内などでの通信に強いもののWiMAX速度には劣ります。
しかもWiMAX端末にはLTE通信に対応したモデルも多く、有料・無料オプションでLTE通信も可能だからサービスエリアで困ることもありません。
LTE速度が最大150Mbpsなのに対して、WiMAXは少し古い端末でも最大440Mbpsに対応しており、最新端末ではLTE回線との同時利用によって最大758Mbpsまで高速化されています。
光回線の1Gbpsには見劣りしますが、屋外での利用も可能という大きなメリットがあるのでおすすめです。

使い放題プランによってスマホは値段優先にしても制限回避が可能

WiMAXプロバイダのメリットの一つとして、ギガ放題プランという毎月のデータ容量に制限がない使い放題プランが用意されていることがあります。
スマホの経験から無線回線は制限容量が気になりますが、子供が勝手に動画を見まくってもWiMAXなら大丈夫。
高速通信と使い放題という光回線のような特徴がWiMAXにもあるのです。

WiMAXプロバイダによって料金に差はありますが、

  • DTI WiMAXは通常月額3,760円
  • Braod WiMAXは通常月額4,011円

とスマホ各社の20GBプランよりも安いのに使い放題だからおすすめ。
しかもキャンペーン期間は更に安く、他にもキャッシュバック有りのプロバイダもあるので速度制限回避と共にお得になります。

スマホよりも緩いが3日間10GBの制限があるので使いすぎには注意

WiMAXにも3日間10GBを超える利用があると、通信制限がかかるので注意は必要です。
ただ、スマホとは違って制限の基準は10GBと余裕があり、更に制限時の通信速度は概ね1Mbpsとスマホよりも高速だから大丈夫。
128kbpsではメールやチャットの利用もストレスを感じてうざいという口コミが多い速度ですが、1Mbpsあれば通常画質の動画も視聴可能な速度だから安心です。
しかも1日中制限がかかるわけではなく、18時頃~翌2時頃と限られた時間帯だけなのもポイント。

WiMAX導入で通信制限を回避した人たちの口コミ

追加購入が必要なくなって支払いが減った

五郎丸/39歳/東京都北区
スマホを使いすぎてしまうと、月末に仕方なく追加購入をすることが多かったんですね。
でもWiMAXのギガ放題プランを契約してからは、安心してスマホが利用できるようになりました。
データプランは安いのに変更できたし、追加購入もなくなって支払総額は減ったんですよ。
しかも普段のネットもスピードが速くなったから良い変更ができました。

普通に速度が速くなって嬉しいです

あやね/30歳/宮城県仙台市
スマホの料金プランを見直す中で、データ通信用にカシモWiMAXと契約したんですが、料金だけじゃなくて速度にも変化があって嬉しくなりました。
総額が安くなったから普通は遅くなると思いますが、WiMAX回線にしたらインターネットが速く見られるようになったんです。
動画も高画質で安定したので、嬉しい結果になりました。

高額なパケットパックをやめることができた

穣二/26歳/福岡県北九州市
携帯会社とは大容量のパケットパックを契約してたので、毎月1万円近くの出費が続いてました。
でもWiMAXには定額で使い放題プランがあるから、データプランをやめることができて助かりました。
通信容量に制限がないから、安心して使いまくれるのも気に入っています。

スマートフォンの通信制限に関するQ&A

Q.通信制限がかかると普通に利用するのも難しいの?

A.スマホで通信制限がかかった場合、大手キャリアでは通信速度が128kbpsになります。
これは文字データだけならば我慢できる速度ですが、動画視聴は難しい速度です。
ですがWiMAXの制限速度となる1Mbpsの場合、文字や画像のやり取りだけではなく、通常画質の動画視聴も可能な速度なので制限中の利用も大丈夫です。

Q.通信制限がかかる前に知らせて貰うことはできますか?

A.はい、大丈夫です。
殆どのキャリアでは、ユーザーアカウントからメールによるお知らせを設定できます。
ただ、残り容量が少なくなってからなの連絡なので、普段から使い方を注意しておくことが大切です。
使いすぎが不安な場合には、使い放題プランにすると安心して利用することができます。

Q.WiMAXの速度制限は追加購入で解除できないの?

A.WiMAX回線の速度制限に関しては、ギガ放題プランとライトプランの両方ともデータ容量の追加購入による解除は出来ません。
ですが制限速度が概ね1Mbpsと比較的高速なことと、制限時間が限定的なので通常利用ではあまりストレスを感じないので大丈夫です。

Q.WiMAXとの通信はWi-Fiを使っているの?

A.WiMAX端末とスマホとの通信に関しては、Wi-Fiを利用する場合だけではなく、機種によってはBluetoothを利用する場合もあります。
どちらも無線方式のため、スマホの使い勝手は変わらないから大丈夫。
ホームタイプやクレードルを使う場合には、LANケーブルを使った有線接続も可能です。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile