速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

レンタルWiFiはお得か?

レンタルWiFi

レンタルWiFiはお得?WiMAXは長期契約と短期レンタルどちらが良いか?

投稿日:

WiMAXはモバイル回線にも係わらず、通信速度が高速なので大容量データ通信にも活用できるから便利です。
光回線のように固定回線ではないから、屋外でも利用できると利用者の評判も高まっています。
しかも月の利用可能データ量が無制限の使い放題プランも選べるので、既にインターネットは固定回線を解約してWiMAX回線だけの人たちがいるほど。
ただ、いきなり複数年契約は不安ですし、そもそも短期間の利用しか考えていないケースは無駄が多くて悩みます。
そんな時に便利なのがレンタルwifiサービスでWiMAX機器を利用する方法。
レンタルなら長期契約をしなくても必要な時にモバイルWiFiルーターが利用可能なため、どちらがあなたにとって魅力的でお得なのか詳しく解説します。

長期契約しなくても大丈夫!WiMAXはレンタルすることが可能です

携帯電話やスマートフォンのキャリアと同じように、一般的な考えではWiMAXプロバイダと契約することでモバイルWiFiルーターはネットに繋がりますます。
ですが最近はレンタルWiFiサービスを行う会社も増えてきており、それは国内向けだけではなく海外向けも増えているほどの人気。
WiMAX端末をレンタルで借りることによって、長期間の複数年契約が不安な場合でも必要に応じたモバイル通信が利用できるから大丈夫です。

レンタルWiFiサービスではwimax回線だけではなく、SoftBankやY!mobile回線、ドコモ回線用のポケットwifi端末をレンタルする会社もあります。
契約の場合には電波状況が悪いと感じても、解約すると違約金が高いから使い続けることもありますが、レンタルならストレスを感じながら使い続ける心配がありません。
必要に応じて様々な会社のサービスや端末を選んで利用できるため、電波状態が良好か不安な場合も大丈夫。
国内向けのレンタルWiFiは訪日外国人や一時帰国した人にも人気ですが、旅行の時や入院したときにも利用して便利だったという口コミが多いサービスです。

レンタルWiFiは本当に便利なの?どういった人たちが使っているのか3つのケースを紹介

レンタルWiFiは目的によっては割高に感じることもありますが、逆にベストな選択になるケースもたくさんあります。
どういった状況でレンタルWiFiが活用されているのか、主な事例を3つ紹介します。

海外でネット利用がしたい場合にはレンタルが最適

国内向けレンタルWiFiと同様のサービスは海外向けのものもあり人気です。
特に海外旅行に行く場合には、現地でのネット接続方法として重宝がられるから繁忙期には在庫がなくなるほど。
スマホキャリアの国際ローミングは料金が高額になりやすいため、安心して海外で地図の確認やレストランを探したい場合に利用されています。

海外向けレンタルWiFiサービスには、
・グローバルWiFi
・イモトのWiFi
・グローバルモバイル
・Wi-Ho
・海外WiFiエクスモバイル
などがあります。

それぞれ対応国やプラン内容に違いはあるものの、必要な期間だけ借りられるから海外旅行の際には便利なサービスです。
海外で契約するのは不安ですが、受け取りや返却は日本で出来ますし、サポートも日本語なので安心感が違います。
転勤や留学で何年も海外に行く場合は別として、旅行なら現地で契約するよりも国内で借りて行った方が安心です。

イベントや仕事でネット環境が必要ならレンタルで十分

会社で商品の説明会や発表会など、様々なイベントを行う場合にもレンタルWiFiは利用されています。
特にイベント会場などは会社内のようにネット環境が整っているとは限らず、固定回線を用意するのは難しいケースが殆ど。
ですがレンタルWiFiならばモバイル回線のため、どこでも手軽にネット環境を用意できます。

しかもイベントなどでネット環境が必要になるケースは、年に数えるほどしかないから継続契約よりもレンタルの方がピッタリ。
法人向けにクレジットカード以外の支払い方法を用意しているレンタル会社もあるので、仕事関係でインターネット環境が必要になった場合にはレンタルWiFiが人気です。
WiFi東京レンタルショップは個人向けよりも法人向けの料金が割安になっているため、仕事での利用におすすめ。

旅行や入院時など一時的な利用なら端末の購入は無駄

地元でいつも通りの生活しているときには必要なくても、旅行先や入院時などいつもと違う環境でインターネットを利用したい場合にもレンタルWiFiが活用されています。
旅先ではおすすめスポットやレストランなどを検索したり、地図アプリを頼りに移動できるから便利。
入院時は動画サイトを楽しんだり、友達とメッセージのやり取りをしたりと、暇つぶしにとにかく活躍する機会が多いのがインターネットです。

ただ、活躍するからこそいつもよりも使用頻度が高くなるため、スマホをそのまま使うとキャリアの制限容量をオーバーして通信制限が始まるから使い放題プランのあるレンタルWiFiが便利。
旅行から帰ってきたり退院したら必要なくなるので、一時的な利用にはキャリアの契約プランを変更をするよりもレンタルWiFiが手軽で便利だと人気です。

プロバイダと回線契約したときのメリット・デメリット

モバイルWiFiを利用するためには、レンタルではなく回線契約をする方法もあります。
プロバイダとの契約は一般的な方法ですが、メリットやデメリットがあるため、あなたにあっているのかよく検討して決める必要があります。

回線契約したときのメリット

プロバイダと回線契約した場合のメリットは、

・いつでも利用可能

レンタルとは違って端末は自分で購入したものだから、在庫がなくて利用できないという心配がありません。
レンタルだと毎回端末が到着するのを待つ必要がありますが、使いたいときにいつでも気軽に利用できます。

・期間限定の特別料金で利用できる

契約期間の内、最初の数ヶ月間は通常料金ではなく大幅な割引料金で利用できるプロバイダが多いため、初期費用を抑えることが出来ます。

・端末無料やキャッシュバックなどお得なキャンペーン

端末は購入することになりますが、実際には端末代無料キャンペーンがあるため0円で入手可能な場合が殆ど。
オプション契約など条件次第では高額キャッシュバックなどもあり、お得なキャンペーンが利用できます。

・延滞料金が必要ない

借りているわけではないので返却する必要がなく、延滞料金がありません。
ワイマックス回線はギガ放題のように月額料金は定額で容量無制限の契約プランも選べるため、使いすぎても追加料金は必要ないから安心して使えます。

回線契約した場合のデメリット

プロバイダと回線契約した場合のデメリットは、

・解約するときの違約金

プロバイダとは複数年契約が多いため、更新月以外では解約すると契約解除料などの違約金が必要です。
縛り期間は2~3年が多くどれも長期間となり、生活環境が変化すると解約したくなることも。
違約金は短期間で解約するほど高額なので、仕方なく使い続けている人もいるようです。

・環境が変わると速度も変わる

モバイル回線は屋外でもネット利用が可能ですし、引っ越しをした場合も回線工事をしなくてもそのまま使うことが出来ます。
ただ、利用環境が変わってしまうと通信状況に変化が起こる場合があり、速度が速くなる可能性もありますが遅くなることも。
遅くてストレスを感じても、解約するには違約金が必要なので注意。

・端末の買い換えが難しい

最初はキャンペーンで端末を無料で入手できても、いつまでも使い続ける訳にもいきません。
使えばそれだけバッテリーも劣化していくため、買い換えることも必要です。
ですがスマホのように機種変用のお得なキャンペーンはあまりなく、別のプロバイダに乗り換えて新しいモバイルWiFiルーターを手に入れた方がお得なほど。
プロバイダの乗り換えが手間なのもデメリットになります。

レンタルWiFiサービスを利用した場合のメリット・デメリット

以前から人気のあったCDやDVDなどのレンタルサービスだけではなく、最近は洋服やバッグなどのブランド品のレンタルもできるようになりました。
普段からレンタルサービスを利用する人たちは増えていますが、モバイルWiFiルーターに関しても同じようにレンタル会社が増えたことで利用しやすい時代です。
ただ、便利なばかりではないため、レンタルWiFiサービスのメリットとデメリットについて解説します。

レンタルWiFiサービスのメリット

レンタルした場合のメリットは、

・短期間でも利用可能

1泊2日のような短期間でも、レンタルならば利用することが出来ます。
必要な期間だけで返却できるため、いつまでも使い続けなくて済むから無駄がありません。

・長期割や早割などお得な料金プランが選べる

レンタル会社によっては長期間のレンタルに関して、長期割として通常価格よりも割安料金で利用できるプランが選べます。
他にも旅行のように利用する時期が早くから分かっている場合には、早割として割引料金で利用できる場合もあるのはメリットです。

・高額な違約金が必要ない

申し込み時点でレンタル期間が決まっているため、途中で解約する必要がないから違約金もいりません。
申込期間よりも早く返却しても料金は安くならず変わりませんが、違約金を気にしながら使い続けなくて済むから安心です。

・プランや端末を毎回選べる

レンタル会社やプランは毎回変更することが出来るため、使いたい端末や無駄のないプランを利用できるのはポイント。
いつまでも旧型の端末を使い続ける必要はなく、あまりデータ容量が必要ない場合には割安なデータ通信量に制限のあるプランが利用できるからお得です。

・プロバイダとの契約では利用できないプランがある

レンタル会社によっては個人契約よりもお得なプランが用意されており、普通にプロバイダと契約するよりもお得な場合があります。
SAKURAWiFiのように通常は無制限プランのないソフトバンク回線のポケットwifiに関しても、無制限で利用できるレンタル会社があるのはメリットです。

レンタルWiFiサービスのデメリット

レンタルした場合のデメリットは、

・年単位だと割高になる

短期利用ができて便利なレンタルですが、長期的に年単位で利用すると割高になるケースがあります。
マンスリープランや長期割などお得な料金もありますが、キャッシュバック金額などを含めると年単位ではプロバイダ契約の方が割安になることもあるのは注意点です。

・繁忙期には在庫がない可能性がある

レンタルWiFiサービスは端末を貸し出すために、繁忙期には在庫がなくて利用できない可能性があります。
プロバイダは端末が売れれば次を注文しますが、レンタル会社は需要と供給を見極めて在庫を増やすから夏休みや年末年始、ゴールデンウィークなどは在庫がなくて利用できない可能性があるので注意。
早めに予約しておくなどの対応が必要です。

・往復分の送料が必要

借りたものは返す必要があるため、レンタルでは受け取りだけではなく返送費用も総額料金に含める必要があります。
キャンペーンで送料無料の可能性もありますが、短期間だとレンタル料金に対して送料の割合が多くなるのはデメリット。
ただ、ゆうパケットなどの割安な方法が選べる会社も多いため、宅配便に拘らなければ送料は安く抑えることも可能です。

・希望のプランがないレンタル会社もある

WiMAXプロバイダでは、使い放題と7GBの容量制限のある2種類のプランがほぼ選べます。
ですがレンタル会社の場合には、使い放題プランだけのように選択肢が限られることも。
会社を変更すれば良いだけですが、希望プランによって会員登録をし直すなど手間が増えるのはデメリットです。

無料レンタルが出来る?!キャリアの用意したTryWiMAXについて

WiMAXは無線接続のため、場所によって通信速度などに違いが出てきます。
そのためキャリアのUQコミュニケーションズでは、TryWiMAXとして無料でWiMAX端末がレンタル出来るサービスが用意されているので安心です。
公式サイトから簡単に申し込むことが出来ますし、キャリアが用意しているお試しサービスなので料金は無料ですがその内容を理解して利用する必要があります。

特徴としては、
・レンタル期間は15日間
・送料や通信料も無料
・最新機種も選べる
・期間の延長はできない
といったものがあり、あくまでもサービスエリア内の電波状況や回線の混雑状況などを確認するためなので、あなたの都合に合わせて貸出期間を延ばすことは出来ません。
ですが往復送料や利用料が無料なので、WiMAXに興味がある場合には魅力的なサービスです。

TryWiMAXを利用するための条件としては、
・日本国内に在住で20歳以上
・本人名義のクレジットカードを登録できる
・過去180日間以内にTryWiMAXを利用していない
・貸出機器の未返却履歴がない
といった条件があり、半年以内に複数回の利用はできないため利用回数が限られてしまいます。
貸出期間は15日間で延長は出来ないものの、滅多にモバイルWiFiルーターを使わないのであればTry WiMAX利用だけで十分な可能性も。
ただし、無料お試しサービスですが返却期限を過ぎてしまうと、違約金を請求されるので返却日は守ること。

こんな人にはレンタルWiFiがおすすめ

仕事が忙しくて期間内に利用できない可能性がある

仕事などが忙しい場合には、Try WiMAXでは試す暇がなくて、あまり使わずに返却することになりやすいからレンタルの方がおすすめです。
レンタルならば週末だけの申し込みをして、余裕のある期間だけ借りることもも可能であり、回数に決まりもないのでゆっくりと試すことが出来ます。
しかも回線を契約するわけではないので、忙しくてあまり利用しないのに毎月定額料金を払わずに済むから無駄がありません。

旅行先や入院などで利用したい場合

観光地や入院時の病室内など、固定回線がない場所で短期的な利用をしたい場合にはレンタルWiFiサービスが便利です。
旅行は何度も行きたくなりますし、入院期間も様々なのでTryWiMAXでは足りない可能性が高くなります。
プロバイダと契約してしまうと、必要ない期間まで料金が必要になるため、利用回数に制限がなく期間も自分で選べるレンタルWiFiが向いています。

色々なサービスを実際に試して比較したい

TryWiMAXではWiMAX回線しか試せないため、SoftBank回線やY!mobile回線のポケットwifiを試したい場合には意味がありません。
公式サイトでサービス提供エリア確認をしても、範囲内だからといって実際の接続状況や回線速度は分からないため、プロバイダといきなり契約するのは不安なもの。
ですがレンタルWiFiサービスならば、Y!mobile回線やWiMAX回線を選んで利用できるため、違約金などを気にせずに試して比較できるから便利です。

レンタルWiFiが向いていない人とは?

返却日を忘れそうな人には向いていない

忘れっぽくてレンタルDVDなどを借りたものの、返却するのを忘れて延滞料金をよく払っている人には向いていません。
貸出期間が終われば返却しなければならず、忘れると他のレンタルサービスと同様に高額な延滞料金を払うことになります。
モバイルWiFiルーターは端末が小型で持ち歩くときも便利ですが、それだけ存在を忘れやすい一面もあるから注意。

普段から返却日を忘れやすい人には、TryWiMAXはもちろんレンタルWiFiサービスは延滞料がかかるため向いていません。
返却方法は同封されていた返却用レターパックに入れてポストに投函するだけで済むなど、手軽な方法が選べる会社も多いのですが忘れていては意味なし。
ただ、レンタルを試してみて便利ならば、延滞料のないプロバイダ契約を検討する価値はあります。

固定回線の予定はないが継続的な利用が前提

自宅で光回線のような固定回線を利用する予定がなく、継続的な利用を考えている場合にはレンタルWiFiは向いていません。
SAKURAWiFiのように月極の継続契約になっているレンタル会社もありますが、基本的には短期間で利用するサービスです。
光回線の工事が終わるまでなど、期間限定ならば便利ですが、長期的な利用ならプロバイダと契約しても縛り期間は気にならないのでお得に利用できます。

手続きなどを忘れずに乗り換えられる人

プロバイダとの契約にはキャッシュバックなどのキャンペーンがあり、上手く利用すると想像以上にお得です。
こういった手続きを忘れずに出来る場合には、利用期間にもよりますがレンタルよりも契約がおすすめ。
契約したあと数ヶ月間は特別料金で利用できる場合が多く、数日間のレンタル料金で1ヶ月分の料金になる場合も。
そのため契約更新月には忘れずに他社に乗り換えられる場合には、違約金も気になりませんし割安料金で最新端末も手に入るなど、レンタルよりも契約の方がお得で向いています。

レンタルWiFiサービスに関するQ&A

Q.WiMAX端末以外もレンタル出来るの?

A.はい、無料で試せるTryWiMAXがあるため、レンタルWiFiではWiMAX端末が有名ですが、レンタル会社で借りる場合には他社回線用の端末も借りられます。
国内向けにはY!mobile回線用の端末も借りられますし、海外向けは現地キャリアに対応した端末などWiMAX以外のモバイルWiFiルーターもレンタルすることが可能です。

Q.自分のスマホでインターネットが使えるの?

A.はい、WiFi接続に対応した機器であれば、スマホだけではなくタブレットやパソコン、ゲーム機などもインターネットに繋げることが出来ます。
端末によって同時接続台数は5台や10台など違いはありますが、グループで旅行に行った場合には皆でレンタルWiFiを利用することが出来るから便利です。

Q.国内用と海外用のレンタルWiFiは違うの?

A.はい、国内用と海外用ではレンタルされる端末などに違いがあるため、国内用として借りた端末は、そのまま海外に持っていっても利用できないので注意。
通信速度も国内向けはWiMAX通信や4G LTE通信などの高速通信が可能なサービスが中心ですが、海外向けは国によって低速な3G通信にしか対応していないなど通信環境も違います。
そのため利用する国によって貸し出し端末が変わることも多いので、旅行で複数の国に行く場合には周遊プランなどの検討もおすすめです。

Q.レンタル会社によって通信速度は変わりますか?

A.レンタル会社ではなくWiMAXやSoftBankといった回線キャリアの違いや、端末の対応速度に違いがあるため最大通信速度が変わります。
J-WiFiでは下り最大440MbpsのWiMAX端末と下り最大612MbpsのSoftBank端末が選べますし、WiFiレンタルどっとこむではドコモのXi端末を選ぶことも出来ます。
同じレンタル会社でも回線キャリアによって最大速度は変わりますが、実用上の差は感じにくいことが多いので、対応エリアやプラン内容など他の条件で選ぶのもありです。

Q.レンタル料金以外にもお金はかかるの?

A.はい、レンタル料金以外にも、会社によって往復の送料などもかかります。
他にも空港カウンターで受け取る場合には手数料が必要な場合があるなど、利用方法によって総額料金内訳が変わるから注意。
もしもの時のための補償オプションも海外で利用する場合にはおすすめなので、利用料金の総額でサービスを比較することが大事です。

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.