速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

最近人気のページ

WiMAX

やることが無い?入院中も退屈せずに済む暇つぶし方法を紹介

更新日:

病気やケガで入院しなければならない場合もありますが、検査入院や出産など健康な時にも入院することはあります。
入院が必要になってしまったものの、元気があると退屈になってしまい暇つぶしが必要になりますが、患者さん同士のおしゃべりは気も使うし飽きるもの。
妊娠・出産による入院はすぐに退院すると分かっているから、お見舞い客もどんどんと訪れるからおしゃべりはそれだけで疲れます。
差し入れのマンガや雑誌を読んだり、テレビを見たりするものの、もっと楽しく過ごせる方法がスマホを使うこと。
テレビとは違って動画サイトのおもしろ動画などを見たいときに視聴できるため、スマートフォンがあると退屈しのぎの暇つぶし方法が広がり便利です。

入院中の暇つぶしなら王道は本や雑誌を読むこと

入院期間中の暇つぶしの王道的な方法が読書ですが、やはりこれはおすすめ度でもトップクラスです。
話題になっていたけれど、仕事などが忙しくて読んでいなかった本がたくさんあるかもしれません。
そういったものを差し入れて貰い、入院したのを機に一気に読んでしまうのがおすすめ。

話題になった本やベストセラー本を読んでみる

普段から読書が趣味になっている人ならば、改めて何か本を探さなくても読みたい本はいくつもあるかもしれません。
ですがあまり読書をしない場合には、以前話題になった本やそのときのベストセラー本を差し入れて貰うのがおすすめ。
読んでみて内容があなたに合わなくても、有名な本ならばお見舞い客との話題にもしやすくて便利です。

パズル雑誌でクロスワードなどを解く

暇つぶしとして人気が高い方法の一つが、パズル雑誌を解く方法です。
小説は読んでいると眠くなってしまう人でも、解く楽しみがあるので眠らずに済み、解けたときは満足感も得られるから大丈夫。
最近はパズル雑誌の種類がクロスワードパズルやナンバープレイスの他にも、まちがいさがしなど大人と子供が一緒に楽しめるものもあるから便利。
雑誌の種類も豊富で定期刊行物なため、長期的な入院でも飽きずに暇つぶしが出来るのでおすすめです。

資格などの勉強に挑戦してみる

入院はしているものの、元気はあるという場合には資格の勉強に時間を使う方法もおすすめです。
仕事が忙しいと資格の勉強をする暇などありませんが、入院中に何か興味のある資格を見つけてその勉強をすると今後にも活かせます。
資格試験の合格を目指す場合はもちろんですが、野菜ソムリエなど○○ソムリエや○○マイスターなどの民間資格の勉強は、資格を取らなくても実生活で役立つので気楽に挑戦できるからイチオシです。

ただ、短期間の入院では勉強しても中途半端になるので、ボールペン字などの技術的な勉強に使う方法もおすすめです。
美文字が話題になっているため、本屋さんでは様々な練習が出来る本が売られています。
こういった本を使って練習しておくと、退院後にも美文字が役立つから便利です。

ゆっくりと好きな音楽を聴いて時間を使う

昔は音楽が好きだった人も、生活が変わるとゆっくりと歌や音楽を楽しむ時間が無くなっているものです。
そこで入院中は、今まで気になっていたアーティストの音楽を楽しむのがオススメ。
時間があるからこそ興味が無かったジャンルの音楽を楽しむ余裕も生まれ、趣味が広がる可能性もあります。
気分が盛り上がるノリノリの音楽を聴くことで、入院中の落ち込みやすい状況も楽しく過ごせる方法です。

同じ音楽が飽きるならラジオを聴いて暇つぶし

音楽のように同じ曲を何度も聞いていると、徐々に飽きてきてしまうことがあります。
何度聞いても飽きない曲もありますが、ラジオを聴くのもおすすめです。
テレビとは違って映像がないから気楽に楽しむことが出来て、聞き流しながら他の事も出来るから便利。
テレビの連続ドラマなどと違い、その場で笑えて続きが気にならないような楽しい話題を扱うプログラムも多いので、少しだけ聴いて終わりに出来るのもポイントです。

割高に感じても好きなテレビ番組を見て過ごす

入院中に病室にあるテレビを見たい場合、テレビカードを購入して見ることになります。
有料のためどうしても自宅とは違い割高に感じますが、テレビドラマの続きが気になっている場合は我慢できないもの。
ガラケーであればワンセグ機能の付いた機種もたくさんありましたが、スマホになってからは一部の機種にしかないので多少の出費は仕方がありません。

入院中はスマホを活用した暇つぶし方法が最強となるポイント4つ

スマートフォンには様々なアプリがあるため、入院中は最強の暇つぶしのアイテムになります。
ゲームアプリが退屈しのぎになるのは当然ですが、本や音楽などを楽しめるアプリもあるので様々な暇つぶしの方法に役立ちます。

本を読みたい場合にもアプリで購入可能

読書がしたい場合にはamazonのKindleアプリや楽天Koboアプリなどを利用すれば、マンガの最新刊や雑誌のバックナンバーなども購入できるから便利です。
無料コンテンツの充実した漫画アプリもあり、本屋で購入するのとは違い電子書籍なら大幅割引で購入できる場合もあるのでおすすめ。
趣味の本など様々な専門書も電子書籍化されているので、読書で暇つぶしをしたい場合もスマホがあるとその場で購入できるから誰かに頼まなくて済むため手軽です。

ただし、雑誌など固定レイアウトの本は、小説とは違ってタブレット端末を使わないと画面が小さくて読みづらい場合もあるから注意。
パズル雑誌のように直接書き込みながら利用するのにも向いていないので、内容によっては普通に紙の本や雑誌を購入する方が良い場合もあります。
電子書籍は何冊購入してもかさばらないので、退院時に荷物が増えないのはメリットです。

音楽やラジオを聴くのもアプリで大丈夫

音楽を楽しむ方法がCDからダウンロード配信に変化してきました。
そのため入院時にもスマホがあれば、最新の音楽を次々と聞くことができるので便利。
Apple MusicやAmazon Musicアプリ、Spotifyなど定額で楽しめるストリーミングサービスが増えたのもポイントです。
様々な音楽やラジオチャンネルを気軽に楽しめるため、同じ曲を何度も繰り返し聴かなくて済むから飽きません。
もちろん定額サービスを利用しなくても、iPhoneなどスマホの中に音楽データを入れておけば好きな曲を気軽に楽しめます。

ゲームアプリで楽しく暇つぶしが出来る

既に普段からスマホのゲームアプリを楽しんでいるかもしれませんが、もちろん入院中も楽しむことが出来ます。
もし今まではゲームをプレイしていなかった人も、入院したのをきっかけに人気のパズドラなどを楽しむのもオススメ。
手軽なのに奥が深いゲームもありますし、将棋などの定番ゲームもスマホアプリにはあるから、今時のゲームが苦手でも大丈夫です。

携帯ゲーム機を持ち込んで遊ぶ方法もありますが、違うゲームソフトで遊びたくなったときに購入するのが大変なのでスマホの方が便利。
スマホには無料ゲームも多いため、気軽に違ったアプリで遊ぶことが出来ます。

動画を見て過ごす他にビデオ通話も可能

スマホがあれば動画サイトを利用できるため、普段から有料動画配信サービスで海外ドラマなどを見ていた場合はそのまま入院中も楽しめます。
YouTubeなどの無料動画も利用できるので、話題の動画を見ながら暇つぶしが可能。
好きな時に見たい動画を楽しめるから、入院中はテレビよりも便利なほど。
オンライン動画配信サービスならテレビカード代が必要ないため、出費を気にせずに視聴できるのもポイントです。

動画を見るだけではなく、FaceTimeやSkypeなどのアプリを使った無料ビデオ通話の利用もおすすめ。
通話料金がかからないのに映像が送れるため、離れた家族や友人に生まれた赤ちゃんを見せることも可能。
病気やケガで入院中の場合も、会話をすれば元気が貰えるからイチオシです。

電子書籍や動画は便利だが使いすぎると速度制限があるので注意

スマホはアプリやサービスによって入院中の暇つぶしにはとても便利ですが、問題なのは通信量が増えてしまうことです。
データ量の目安としては、

  • 小説:1冊数MB程度
  • 漫画や雑誌など:1冊数十~数百MB
  • 高画質動画:1分12MB程度
  • 通常画質動画:1分3.5MB程度
  • ゲームアプリ:数MB~1GB以上の場合も
  • 音楽配信:1分で1MB程度(音質による)

このようなデータ量が必要です。

何冊でも手軽に読めるのが電子書籍のメリットですが、雑誌を数冊読むとすぐに1GBを超えてしまうこともあり、高画質動画をずっと見ていたい場合などもスマホのプランを見直す必要があります。
特に普段からAmazonプライムのような有料サービスを利用している場合、定額で動画や音楽が豊富に楽しめるから使いすぎる可能性大。

入院が一時的ならそのままデータ容量の追加購入がおすすめ

出産時など入院が一時的なもので、すぐに退院できる目処が立っているのであれば、スマホのプランを見直さなくても良い場合も。
携帯キャリアの多くは、プランの制限容量を超えた通信を行うと速度制限が行われます。
その速度は128kbpsととても低速なため、メールで連絡をするのもストレスに感じるほど。

ですが制限をすぐに解除する方法として、データ容量を追加で購入すれば大丈夫です。
そうしないと翌月まで制限が続く場合もあるから、短期的な通信量の増大なら追加購入がおすすめ。
料金は、

  • ドコモ:1GBで1,000円
  • au:0.5GBで550円、1GBで1,000円
  • ソフトバンク:0.5GBで550円、1GBで1,000円

となっているため、入院中の一時的な措置として考えればそれほど悪くはありません。

ゲームアプリや動画を気兼ねなく楽しむならWiMAXが便利

ゲームアプリは数GBものダウンロードが必要な場合もあり、スマホでは時間もかかります。
待っている間は退屈ですから、高速通信が可能なWiMAX回線を契約しておくと便利なのでおすすめです。
入院時に快適なネット利用が可能なのはもちろん、普段からスマホやタブレットでLTE回線ではなくWiMAX 2+回線を使った高速データ通信が利用可能に。
ダウンロードがすぐに終われば、ゲームアプリはもちろん、読みたい雑誌や見たい動画を快適に満喫出来るから入院生活も飽きません。

制限を気にせずにスマホを使うならWiMAXがおすすめ

WiMAX回線をおすすめする理由としては、使い放題プランが割安料金で利用できるから。
キャリアのデータプランは20GB制限で6,000円以上が殆どですが、WiMAXは使い放題で月額料金は4,000円前後。

実際に料金を比較してみると、
携帯キャリア

  • ドコモ(ウルトラデータLパック20GB):6,000円
  • au(auフラットプラン20GB):6,000円
  • SoftBank(ギガモンスター20GB):6,000円

WiMAXプロバイダのギガ放題プラン

  • DTI WiMAX 2+:3,760円
  • 3WiMAX:3,995円
  • GMOとくとくBB:4,263円

と使い放題なのに金額が安くなっています。

スマホの他にWiMAX回線を新規契約すると支出が増える心配もありますが、実際にはデータプランを見直すことで節約になるケースがあるほど。
普段から通信費の節約が可能で、入院時なども使い放題で安心して利用できるのがWiMAX回線です。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile