速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

最近人気のページ

WiMAX

節約目的でスマホの乗り換えやwifi環境の見直しを考えているあなたにおすすめの方法

更新日:

毎月の通信費が思った以上に高額になっていて、どうにかならないものかと悩んでいる人が増えています。
スマートフォンが便利すぎて利用する機会が増えたことにより、ネットをあちこちで利用することが多くてプランを見直したいという場合も。
出来るだけ今より安い月額料金で、出来れば今よりも快適なネット環境を手に入れたい、と誰もが考えます。
携帯キャリアのお店に行って相談してみても、制限容量の大きなプランを進められたり、複数年契約による割引だったりとあまりピンとこないものばかり。
そこで口コミなどを参考に乗り換えを検討し始めたあなたに、家庭用のインターネット回線やwifi環境などを含めて、お得で快適なネット環境のおすすめを紹介します。

スマホ料金を単体で節約するなら話題の格安スマホ会社への乗り換え

多くの人たちがスマホのキャリアについては、ドコモやau、ソフトバンクの3大キャリアのどれかを利用しています。
ですが最近はymobileのように格安スマホキャリアも増えてきており、手軽に乗り換えられるようにとMNPも整備されました。
電話番号の変更が必要ないため、料金プランの変更では節約が難しい場合も手軽に乗り換え出来るから安心です。

料金体系が分かりやすいから乗り換えやすい

特に格安SIMを扱うキャリア各社については、料金体系が大手とは違って分かりやすいのもポイント。
通話用SIMはもちろん、データ専用SIMなど用途に合わせた契約が可能だから無駄のないプランを選べます。
ネット利用に関しても、毎月のデータ容量によって月額料金が変わるため、複雑なプラン契約を理解しなくてもお得に利用できるから便利です。

利用する回線は大手キャリアと同じだから安心

ymobileならばソフトバンク、UQモバイルならau、その他の格安スマホ会社の多くはドコモ系の回線を利用しているので、品質面でも安心です。
通話エリアに関しても当然ですが大手と同じになるため、安い会社に乗り換えたから繋がらなくなるという心配もありません。
通話料が無料になるオプションなども多くの会社で用意されているので、あなたにピッタリの節約プランが見つけやすいのもポイント。

キャリアメールが使えなくなるので注意

格安スマホ会社に乗り換える場合、注意しなければならないのはキャリアメールが利用できなくなること。
キャリアを変更するのだから当然ですが、電話番号とは違って同じものは使えません。
キャリア専用のサービスに関しても利用が出来なくなるので、乗り換え前に解約手続きを忘れないことが大事です。
もし今契約しているキャリアにプランの変更を相談しに行く場合には、こういったデメリットも含めて詳しい話しを聞いておくこと。

自宅には本当に固定回線(光回線)が必要なのか見直してみる

自宅では固定回線として、フレッツ光やケーブルテレビなどの光回線を利用している家庭が増えました。
ですが通信費を節約したい場合には、この固定回線も見直すことが大事です。
何となく惰性でそのままにしているかもしれませんが、実は光回線ほどの高速通信は必要ない場合も多くコスパが悪いケースもあります。

利用目的は動画視聴?それならスマホでも十分楽しめます

有料か無料かは関係なく、最近は動画配信サービスを楽しむ人たちが増えましたが、実はモバイル回線でも通信速度が向上しているから問題なく視聴できます。
スマホで動画を楽しむ人たちが増えているように、すでにインターネットはスマホだけでも一般的な利用には問題ない速度になっているから安心です。
スマホの料金と固定回線の両方を合わせると月額料金は高額になりますが、その一つである光回線を解約するだけでも大幅な節約が可能に。

スマホは屋外で使えるから自宅でも利用できて当然

光回線は屋外では利用できませんが、スマホは外だけではなく自宅でも使えていますよね。
だからこそ通信費を節約したい場合に、まず見直しをおすすめしたいのが固定回線です。
光回線の特徴である上下共に1Gbpsの高速通信を活用していない場合には、スマホだけで済む可能性も。
ただしスマホ以外の機器でインターネットを利用する場合、スマホにはテザリングという設定が必要になり、利用中はバッテリーを消費するので充電しながら利用するなど工夫も必要です。

光回線が必要なのか確認して必要なければ解約により大幅節約

知り合いの中には既に固定回線を利用していない人がいるかもしれませんし、いたら不便はないか評判を聞いてみるのもおすすめ。
ただ、光回線が必要かどうかの判断は難しい訳ではなく、普通にスマホだけを使って生活してみれば分かります。
アプリのダウンロードなどで少し待たされるかもしれませんが、我慢できる範囲なら光回線は必要ない可能性大。
解約によって大幅な節約が見込めるので、料金と必要性を比較して判断するだけです。

スマホにネット回線をまとめたい場合は格安スマホに乗り換えて節約

スマホだけでネット利用をまかなう場合、大切なポイントが通信容量の問題。
契約プランの制限容量を超えてしまうと、通信速度が128kbpsに制限されるなど遅くなってストレスの原因になります。
キャリアのデータプランによって制限容量は変わりますが、既に数十GBのプランを使っていればあまり気にならないかもしれません。
ただ、大容量プランはそれだけ料金も高額になるため、節約するなら格安スマホ会社の料金とも比較して、乗り換えを検討するのがおすすめです。

大容量プランの料金を比較してみる

大手キャリアでデータプランを大容量のものにする場合、どのくらいの月額料金になるのかというと、

ドコモ

  • ウルトラデータLパック20GB:6,000円
  • ウルトラデータLLパック30GB:8,000円

au

  • auフラットプラン20GB:6,000円
  • auフラットプラン30GB:8,000円

ソフトバンク

  • ギガモンスター20GB:6,000円
  • ウルトラギガモンスター50GB:7,000円

このようになっています。
ほぼデータ使い放題として宣伝しているソフトバンクの50GBプランは、20GBプランや他社と比較した場合のお得感は高くなっています。
ですが通常月額料金は7,000円なので、割引キャンペーンやキャッシュバックがないと変更しにくい金額です。

格安スマホ会社の料金プランを比較

大手キャリアから格安スマホに乗り換えを検討している場合、どのくらいの月額料金になるのか、有名な会社を同じように比較してみます。

Y!mobile

  • スマホプランS(1GB):2,980円
  • スマホプランM(3GB):3,980円
  • スマホプランL(7GB):5,980円

楽天モバイル

  • 5GBプラン:2,150円
  • 20GBプラン:4,750円
  • 30GBプラン:6,150円

マイネオ

  • Aプラン500MB:1,310円
  • Aプラン20GB:4,590円
  • Aプラン30GB:6,510円

このようになっています。
Y!mobileではスマホプランに大容量プランが用意されておらず、ソフトバンクとの棲み分けを行っているようです。
大手と比較すれば一目瞭然ですが、20GBプランでは約1,400円、30GBでは約1,800円ほど格安スマホに変更すると節約できます。

比較するときの注意点

大手キャリアと格安キャリアとの料金を比較する場合、注意しなければならないのは音声通話の部分です。
大手キャリアは音声プランにデータプランを合わせるため、安くても1,000円前後が更に月額料金にプラスされるから注意。
格安スマホでは音声通話の基本料金もコミコミ価格になっているので、分かりやすく見た目以上にお得になっています。

複数年契約による割引などが各キャリアによって行われているため、実際にはもっと安く利用できる場合が殆ど。
ただ、こういったキャンペーンは期間限定になっていたり縛り期間が長い傾向があるため、月に30GBまでしか利用しない場合は格安スマホ会社が分かりやすくておすすめです。

使い放題が安心!WiMAXにはギガ放題プランがあるので月間の容量制限がない

やはり自宅の固定回線の解約まで含めて見直す場合、通信容量がいくら大容量でも使い放題の方が安心ですね。
大手キャリアのプランには高速通信の使い放題が見つからないかもしれませんが、WiMAXのように積極的にアピールしているプロバイダもあります。
速度制限が始まると低速でストレスのかかるキャリアの大容量プランよりも、使い放題プランへの変更を含めて検討するのがwifiの乗り換えではおすすめです。

キャリアプランでは制限容量を超えると低速に速度制限がされるものの、定額で利用することは出来ます。
ですが使い放題は低速にならないため、同じ定額で利用するにしても快適度が段違い。
やはり使い放題の魅力や安心感は大きいので、おすすめなのが最近口コミでも話題になっているWiMAX回線です。
これはデータ通信専用のサービスになっているだけあり、通信速度も下り最大758Mbpsと高速だから、固定回線からの乗り換え先としてもイチオシです。

乗り換えるよりもWiMAX回線がおすすめとなる3つの理由

スマホのプラン見直しや格安キャリアへの乗り換えよりも、WiMAX回線を契約する方がおすすめなのには理由があります。
使い放題となるギガ放題プランが各プロバイダで選べることも大きいのですが、他にも3つの理由があるのでそれを詳しく解説します。

接続方法はwifiだから手軽に色々な機器で利用可能

WiMAXで利用する端末(モバイルwifiルーター)とパソコンやゲーム機、スマートフォンなどを繋ぐ場合、wifi接続で設定できるから手軽です。
スマホ経由で他の機器をインターネットに接続する場合、テザリングのような聞き慣れない方法が必要でしたが、wifi接続ならば既にWiFiルーターの設定や利用をした経験もあるでしょう。
WiMAXなら今までと同じような設定方法で利用できるから、テザリングが不安な人でも大丈夫。

今まで使っていたキャリアメールが利用可能

スマホキャリアの乗り換えを考えた場合、電話番号はMNPを使うことで同じままで済みました。
ですが今まで使っていたキャリアメールに関しては、使えなくなってしまうのが問題になる場合があり、乗り換えたくても躊躇する原因になっていた人もいます。

wimax回線の契約をする場合、スマホはそのままプランを音声通話重視のものに見直すことになるので大丈夫。
そのため電話番号はもちろん、キャリアメールも今まで通り利用することが可能です。
他のサービスも解約しなくて済むことが多く、安心して料金の見直しが出来るからおすすめ。

WiMAXは通信費総額で考えると節約可能な金額が驚くほど多い

WiMAXの料金は契約するプロバイダによって違いが出てきますが、大抵は4,000円前後となっています。
月額料金や端末代金0円などの割引、高額キャッシュバックなどお得感のあるキャンペーンも行われているから、条件次第ではとてもお得に利用可能なのもポイント。
大手キャリアでは30GBのデータプランが8,000円ほどしましたし、格安スマホに乗り換えた場合も6,000円以上します。

WiMAXプロバイダは使い放題プランが約4,000円になっているので、スマホを通話中心のプランに変更すると月々の通信費が総額で6,000円以下に抑えられる程だから乗り換えなくてもお得。
しかも使い放題だから自宅の固定回線も解約しやすくなるため、トータルで考えると更に光回線の月額料金である5,000円前後の大幅な節約が可能になります。
別のキャリアに乗り換えるよりも、スマホのプラン見直しとWiMAXの契約を合わせた方が節約しやすいのがおすすめの理由です。

WiMAXとスマホで節約する場合に気になるQ&A

Q.WiMAXの利用エリアは狭くありませんか?

A.WiMAXの電波が通じないと、ネットの利用が出来ないため対応エリアの確認は大切です。
各WiMAXプロバイダの公式サイトで確認すれば分かりますが、現在の中心サービスとなるWiMAX 2+に対応したエリアはとても広いため大丈夫です。
設定によりau 4G LTEエリアを利用することも可能なので、街中では通じなくて困ることは殆どありません。

Q.WiMAXで固定回線のようにゲームソフトをダウンロードしても大丈夫?

A.WiMAXの使い放題プランは、3日間で10GB以上の利用があると速度制限が行われるので注意は必要です。
ただし、この制限は128kbpsのような低速になるわけではなく、概ね1Mbpsになるだけなので大丈夫です。
しかも終日この制限がかかるのではなく、18時頃から深夜2時頃までの混雑時のみなのは大きな違いです。

Q.WiMAXのプロバイダはどこを選んでも同じなの?

A.プロバイダによって月額料金や利用可能なオプションなどに違いがありますが、回線キャリアはUQ コミュニケーションズやKDDIなど大手だけなので殆ど同じです。
選べる端末も同じことが多いものの、端末保証やメールサービスがオプションで選べない会社もあるので料金の安さだけで決めないこと。
メールはスマホのキャリアメールやYahoo!メールやGmailなどのフリーメールを利用すれば必要ないことが多いので、本当に必要なオプションだけチェックすれば大丈夫です。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile