速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

WiMAX

外でも利用できる便利なモバイルWi-Fiの端末タイプやプロバイダを比較解説

更新日:

せっかく家の中は高額な光回線を導入してネットを快適に利用できていても、外ではその快適性を満喫することが出来ないのが悩みという人もいます。
公衆無線LANスポットが見つかればwifi経由で利用することも可能ですが、セキュリティ面が不安で使いにくいものです。
スマホとテザリングする方法もありますが、データ制限があるから速度制限が始まらないか不安に思いながら使うことになります。

自宅と同じように安心して利用できるwifi環境を外にも持ち運べれば便利だ、と考えている人にピッタリなのがポケットwifiを利用する方法です。
小型で持ち運べる携帯型の通信端末を利用することで、家の中と同じように安心してどこでも快適なネット利用が可能になります。
一般的にはポケットwifiと呼ばれることが多いサービスが、どういった内容や料金になっているのか分かりやすく解説します。

知ってた?そもそもポケットwifiはワイモバイルのサービス名

ポケットwifiとはワイモバイルが提供しているサービス名のことなので、他の会社が提供している持ち歩き可能な通信端末サービスに関してはモバイルwifiルーターやモバイルルーターなどと呼びます。
ただ、一般的には他社のサービスに関しても、ワイモバイル同様にポケットに入る程小型の端末なので、区別することなくまとめて「ポケットワイファイ」と呼ばれているのです。

ですから軽くて手持ちでも気軽に持ち運べる端末を使って、外でもネットを利用したい場合にはポケットwifiとは違った名称のサービスでも大丈夫。
ワイモバイル以外で有名なキャリアには、ドコモやUQ コミュニケーションズがあり、それぞれでサービスを提供しています。
ちなみに

  • ワイモバイルはソフトバンク系
  • UQ コミュニケーションズはau系
  • ドコモは自社サービス

という関係をイメージしておくと、あなたが利用しているスマホキャリアとのセット料金のような割引が利用できる場合があります。

ポケットwifiがおすすめの理由はテザリングオプションの料金が必要ない

ポケットwifiのようなサービスが便利なポイントは、タブレット端末や携帯ゲーム機、スマホなどとwifiで簡単に繋がることです。
スマホは本体のみでもネットに接続できますが、他の端末をスマホ経由で接続するためにはテザリングという方法を利用しなければなりません。
このテザリングを使う場合、設定が必要なだけではなくキャリアによってはオプション料金がかかるのが問題。

ソフトバンクやauでは月額500円かかるため、テザリングの設定に慣れていても使いにくい状況です。
それに対してモバイルルーターは、他の携帯wifi端末などを接続して利用するためのサービスなので、何台繋いだとしてもオプション料金はかからないので大丈夫。
スマホそのものもポケットワイファイ経由でネット利用が出来るため、スマホ料金プランの見直しもしやすくなるからおすすめのサービスです。

家でも外でも同じように持ち運んで利用できるから便利

ネット用にフレッツ光のような固定回線を自宅で利用している場合、スマホやタブレットのネット回線を外と家とで切り替えて利用するのは一般的です。
wifi回線を見つけると自動で切り替わる設定にしておけば安心ですが、この切り替えを忘れていたり上手く変更できていないとスマホの通信量が増えることになり困ります。

ですがモバイルルーターを普段から利用していれば、自宅や外など利用する場所によって設定を切り替える手間が必要ありません。
特に使い放題プランのあるWiMAX回線の場合、固定回線と同じ感覚で家でも利用できるため便利です。
もし光回線をあまり活かせていない場合には、モバイルルーターにネット回線をまとめてしまい、固定回線の解約を検討できるほどなので口コミでも人気。

モバイルwifiルーターで利用する端末にはどんな特徴があるのか比較解説

モバイルwifiルーターには各社が自社サービス向けの端末を用意していますが、大きく分けて2種類が用意されています。
一つは持ち歩きが可能で外でも使える携帯型のモバイルタイプであり、もう一つは自宅などの屋内だけで利用する据え置き型のホームタイプです。

それぞれの特徴を説明すると、

モバイルタイプ

メリット

  • 手持ちでも気にならないほど小型
  • バッテリー駆動が可能
  • 配線が邪魔にならない
  • 屋外も含め幅広い場所で利用可能

デメリット

  • 連続通信時間が限られる
  • 有線LAN接続にはクレードルが必要
  • バッテリーが切れると動かない

該当端末・機種

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • FS030W
  • Wi-Fi STATION N-01J
ホームタイプ

メリット

  • 電源があるので連続通信が可能
  • 有線LAN接続が本体のみで可能
  • 同時接続可能台数が多い

デメリット

  • 外に持ち運ぶことが出来ない
  • 電源ケーブルの接続が必要

該当端末・機種

  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • HT100LN

端末の違いをまとめ

端末はそれぞれのタイプによって違いがありますが、持ち運んで利用するならモバイルタイプを選ぶこと。
モバイルタイプにはクレードルというオプションが大抵はあり、これは電源ケーブルが接続できる台座なので、置くだけで充電が開始されるなど使い勝手が大きく向上するからとても便利。
有線LAN端子も用意されているのでテレビなどと有線接続も可能になり、電波の感度が向上するタイプもあるから室内での利用が少なくてもおすすめのオプションです。

キャリアがWiMAX系やポケットwifi系と分かれるため、プロバイダがどこの系列のサービスを提供しているかによって選べる端末は違いますが、大抵は2種類のタイプは用意されているので大丈夫。
最新機種がメインになっている会社が多いものの、旧型がお得に選べるプロバイダもあるので、大容量バッテリー搭載機種や価格重視など用途に合わせて端末を選ぶことが可能。
モバイルタイプはクレードルを利用することで、ホームタイプのメリットも手に入るため、特別な事情がない限り端末は携帯型の「モバイルタイプ」がおすすめです。

キャリアが安心?料金は割高なので他のプロバイダを利用する方がおすすめです

回線を提供しているキャリアで契約するのが安心だと思うかもしれませんが、実は他のプロバイダも使うのは同じ回線になるため、違いは殆どないからお得感の高いプロバイダで契約するのがおすすめです。

有名キャリアの料金プランを紹介すると、

Y!mobile
Pocket WiFiプラン2(月々7GBまで)
3年契約で月額3,696円

UQコミュニケーションズ
UQ Flatツープラス ギガ放題(使い放題)
3年契約で月額4,380円
となっています。

ドコモやau、SoftBankといった携帯キャリアのデータプランと比較すれば、これらの料金プランでも安いと感じるかもしれません。
ですがこの後紹介するプロバイダ各社と比較してみれば、割高なのが分かり安心感だけで契約を考えてしまうと後悔することに。

端末はモバイルタイプ!ではプロバイダはどこがいいのか?

外にも持ち歩いて利用する場合、端末はモバイルタイプを選べば良いということは分かりましたが、次に選ばなければならないのは実際にサービスを利用するために契約するプロバイダです。
Y!mobileのポケットwifiという名称が一般的になっていますが、UQ コミュニケーションズのUQ WiMAXも知られるようになり、口コミでも利用者の評判が高いサービス。
分かりやすい大手キャリアとの契約も出来ますが、キャッシュバックや料金の割引キャンペーンなどを比較するとあまり魅力はありません。

回線はどこも大手が提供しているため、回線品質に関して問題がなければ、賢い消費者にとって重要になるのは安い月額料金ですね。
あなたの使い方によってピッタリのプロバイダやプランは違ってくるため、いくつかのタイプ別におすすめを紹介・解説します。

3日間の通信制限が困る場合のおすすめプロバイダはNEXTmobile

モバイルルーターを提供している各プロバイダでは、実は3日間のデータ容量に制限があることが普通です。
月間容量についてはギガ放題などとして使い放題にはなっているものの、3日間で10GB以上の利用があると速度制限が始まってしまいます。
こういった3日間の制限が困る場合には、NEXT mobileがおすすめ。

NEXTmobileのポイント
  • ソフトバンク回線だから安心
  • 3日間の利用量による速度制限がない
  • 人口カバー率99%
  • 通信速度は下り最大150Mbps、上り50Mbps
  • 50GBプランが4,880円~
  • 30GBプランは3,490円~で口座振替にも対応
  • 使い放題プランはない
  • 端末はホームタイプとモバイルタイプが各1種類のみ

といった特徴があります。

月間制限は最大で50GBまでのプランとなっていますが、アプリのダウンロードなど3日間で10GB以上の利用が考えられる場合も速度制限はないため安心です。
特にゲームソフトのダウンロードは一時的に大容量のデータ通信が必要ですが、その後のプレイでは大きな容量を必要としないのでピッタリのプロバイダ。
人気の30GBプランでも、多くの利用者が十分に感じているデータ容量です。

NEXTmobileがおすすめの人はこんなタイプ
  • 大容量のゲームソフトをダウンロードする
  • 動画配信サービスで映画などを休日にまとめて楽しみたい
  • 広いエリアで安定した通信が必要
  • 口座振替で月額料金を支払いたい
NEXTmobileがおすすめできない人はこんなタイプ
  • 月間の容量制限がない使い放題がいい
  • 最大速度重視
  • 色々な端末を比較して選びたい

スマホはau?安心して利用できる使い放題プランが良い場合は3WiMAX

安心して使える使い放題プランが良い場合におすすめのプロバイダは3WiMAX。
特にスマートフォンのキャリアがauの場合には、auスマートバリューmineに加入することで、auスマホの月額利用料が毎月最大1,000円も割引となるのがポイント。

3WiMAXのポイント
  • auスマホならキャッシュバック30,000円などお得
  • 4年契約のギガ放題プレミアムプランなら特別料金が終わっても月額3,995円
  • 2年契約も選べるから安心
  • auスマートバリュー mine加入で通常1,004円のau 4G LTEが永年無料
  • 下り最大708Mbps、上り最大75Mbps

といった特徴があります。

auスマホを利用している場合、3WiMAXではau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアオプションで利用する回線)が永年無料となり、スマホ料金も毎月最大1,000円の割引があるなどとてもお得になっています。
山間部や建物内などWiMAX回線の電波が悪い場所でもLTE回線は安定しやすいので、無料で利用できると安心。
どのプランでも最新端末が無料など、auスマホを利用していなくてもお得感のあるプロバイダです。

3WiMAXがおすすめの人はこんなタイプ
  • auのスマートフォンを使っている
  • 月間の利用制限を気にせずに利用したい
  • 3日間で10GB以上の利用はない
  • 都市部での利用が中心
3WiMAXがおすすめできない人はこんなタイプ
  • 山間部や建物内での利用が多い(auスマホを使っていない場合)
  • 大容量のアプリをダウンロードする
  • 月間の利用データ量は数GB程度
  • お得でも4年契約が長いと感じる場合
  • とにかく価格重視

頻繁に乗り換えてでもお得に使いたいならカシモWiMAX

最新端末は通信速度も高速化されており魅力的ですが、それが活きるエリアは限定されています。
地方都市など普通に利用できるものの、最新の高速化には対応していないエリアではコスパ重視で選ぶ方法もおすすめ。
乗り換えの手間を惜しまず、とにかく安く利用したい場合には、最安級プランが用意されているカシモWiMAXがピッタリのプロバイダです。

カシモWiMAXのポイント
  • 月額料金が1,380円~と最安級プランがある
  • 最新端末も選べる
  • パソコンにUSB接続可能なTriprouterが選べる
  • 2年契約だが24ヶ月目までお得な料金が続く
  • オプションが少ない

といった特徴があります。

コスパ重視でモバイルwifiルーターを利用したい場合にはとても魅力的ですが、オプションサービスは限られているので注意。
料金は初期の大幅な割引が終わっても、24ヶ月目までは使い放題プランで3,380円と他社よりもお得になっているため、縛り期間が終わるときには他社への乗り換えがおすすめです。
そのため長期的に利用を続けるよりも、価格重視で乗り換えの手間を惜しまない人におすすめのプロバイダ。
ただし、25ヶ月目以降も4,079円とキャリアよりは安いので、そのまま利用を続けても損はしません。

カシモWiMAXがおすすめの人はこんなタイプ
  • 最新端末に拘らない
  • 乗り換えの手間を気にしない
  • オプションは利用する予定がない
  • 使い放題が安心
  • とにかくコスパ重視
カシモWiMAXがおすすめできない人はこんなタイプ
  • 一度契約したらそのまま使い続けたい
  • 最新端末をお得に利用したい
  • メールやセキュリティのオプションが必要
  • キャッシュバックが欲しい

まとめ:様々なライフスタイルに合わせやすいポケットwifiは便利

インターネットを利用する機会は自宅だけではなく、外出時にも増え続けています。
地図を確認したりお店の口コミをチェックするなど、外で利用できた方が便利なのは当然です。
しかも持ち運べる携帯wifiは通信速度や連続通信時間が進化しているため、自宅の固定回線のように気軽に利用すること可能になりました。

スマホのプランを合わせて見直すのはもちろん、固定回線も含めた見直しにより、通信費の節約にもなるなどメリットもたくさんあります。
光回線と違って工事も一切要らないから、すぐに利用可能なのもポイント。
ライフスタイルが多様化する現代では、固定回線よりも携帯型のポケットwifiの検討がおすすめです。

-WiMAX

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile