速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

LANケーブルをパソコンにつなぐ

最近人気のページ

WiMAX

WiMAX端末は自宅では安定したLANケーブル接続での利用がおすすめ

投稿日:

WiMAX回線は通信速度が光回線に迫るほど高速なため、外出時にスマートフォンで地図を調べるときなどインターネット利用が快適になるから便利です。
ただ、インターネットに繋ぎたい機器類が全てスマホのようにWiFi対応だとは限りません。
テレビなど一部の機器には有線LANケーブルを使った接続方法しか用意されていないため、モバイルタイプのWiMAXルーターにはそのままでは接続できないから困りますね。
ホームタイプなら有線LAN端子が搭載されているものの、今度は屋外に持ち運んで利用できないから悩みは消えません。
WiMAX端末には有線LAN端子を搭載していない機種もあるため、インターネットに繋げなくて困らないように対策方法を解説します。

ホームタイプには最初から有線LAN端子が付いている

WiMAXルーターにはホームタイプとモバイルタイプと呼ばれる2種類がありますが、有線LAN接続が重要ならばホームタイプを選ぶのもあり。
ただし、ホームタイプはモバイルタイプとは違ってバッテリーを内蔵していないため、ACアダプターを繋いで電力を供給する必要があります。
そのため外出時に持ち運んでインターネットを利用することは出来ませんし、固定回線よりも少ないものの配線が邪魔に感じるかもしれません。

ホームタイプのWiMAX端末にはSpeed Wi-Fi HOME L01とL01sが用意されていますが、L01sの方がランプ表示などが改良されたタイプなので選べるならL01sがおすすめ。
ただ、どちらのタイプでも有線LAN接続での機能に大きな違いはなく、本体にはGigabitイーサ対応の有線LANポートが2つ搭載しているので、テレビの他にパソコンを繋ぐことも可能だから便利です。

もちろん自宅でスマホやタブレット、ゲーム機を繋ぎたい場合には、無線LAN接続にも余裕で対応できるから大丈夫。
有線LAN接続2台に加えて、無線WiFi接続では2.4GHzと5GHzの同時利用が可能になっており、それぞれの周波数帯で20台の同時接続が可能という高性能ぶり。
同時接続台数は有線・無線合わせて合計42台と多いのが特徴です。
設定方法も一般的な無線LANルーターと同じように簡単にできますし、有線LANを使わない場合もバッテリーの劣化を気にしなくて済むメリットがあるので選択肢としてはアリです。

モバイルタイプの有線LANケーブルを使った接続方法

ホームタイプならそのまま有線LANケーブルで接続可能ですが、困るのはモバイルタイプのWiMAXルーターを使っている場合。
やはり外出時にスマートフォンで高速通信が利用できた方が便利なため、同時接続台数が少なくてもバッテリー駆動可能なモバイルWiFiルーターを使いたいものです。
ただし、モバイルタイプはWiFi接続が基本なので、本体にはそもそも有線LAN端子がないため、そのままでは有線接続が出来ないから対策方法を知らないと困ります。

モバイルルーターを選んだ場合には、有線LAN端子を搭載したWiMAXクレードルを別途購入することにより解決可能。
クレードル本体に有線LAN端子が搭載されているだけではなく、WiMAX端末を載せるだけで充電が出来るので普段の利用にも手間が省けて役立つから便利です。
クレードルには電源用のケーブルと有線LANケーブルを繋ぐことになりますが、WiMAX端末本体には配線が必要ないので持ち出すときはスムーズなので大丈夫。

クレードルは本体とは別売りのオプションなので、必要ならば購入しなければなりませんが、WiMAXプロバイダのDTI WiMAXの2年プランはクレードル無料なので購入しなくても貰えるからお得です。
他のWiMAXプロバイダに関しても、契約申し込みの時にモバイルタイプの端末を選んだ場合には、クレードルセットを選択すれば同時購入できるから必要な場合は忘れずに申し込むこと。
クレードル代は約3,500円程度で家電量販店などで購入することも可能なため、後から必要になった場合には余っているポイントなどを使って購入することもできます。

モバイルタイプも自宅では有線LAN接続がおすすめ

外出時にはスマホやタブレットをWiFi接続で使うとしても、自宅でパソコンからインターネットを利用するなら有線LAN接続がおすすめです。
なぜなら最近は無線LAN機器が増えてきており、無線LANアダプターの電波が干渉して接続が安定しないこともあるから。
特に通信規格が2.4GHz帯の接続に関してはWiFi機器だけではなく、電子レンジとも干渉しやすいため最近は干渉に強いと言われる5GHz帯に対応した機器が増えていますが、無線通信よりも有線の方が圧倒的に有利なのは当然ですね。

LANケーブルと電源の配線が必要になるため、ホームタイプのように置き場所の自由度は若干減りますが、本体の大きさはクレードルを含めても小型なので邪魔になりにくいから大丈夫です。
それよりも有線LANケーブルで接続すれば無線とは違って安定したネットワーク接続が可能となり、電波干渉を気にすることなく快適な高速通信が満喫できるメリットの方が魅力的。
内蔵無線LANがないデスクトップパソコンでも、有線LANなら簡単に接続できるのもメリットです。

しかも自宅ではクレードルに載せて使うようになるから、自然と充電をすることになるのもポイント。
WiFi接続で使っていると荷物の中に端末を入れたままでも使えてしまうため、充電を忘れて翌日の出掛ける直前に焦ることもありますが、普段から自宅ではクレードル経由の有線接続を利用していれば充電を忘れなくて済みます。
出掛けるときに気づかないと外出時に電池切れを起こす可能性もあるため、忘れっぽい人も安心してWiMAX回線を利用できるからクレードルの利用はおすすめです。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile