速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

Wimaxの充電

WiMAX

必要?無駄?WiMAX端末のクレードルは充電以外でも活躍するから絶対おすすめ

投稿日:

WiMAX端末は持ち運べるモバイルタイプの方がサービスのメリットを活かせますが、問題なのは充電しておかないと使えないこと。
もし充電を忘れてしまうと、外出時に電池切れで使えなくて困ってしまうこともあります。
最近はモバイルバッテリーにもたくさんの商品があるため、スマホやタブレットも合わせて充電できる大容量バッテリーを用意している人も。
ただし、モバイルバッテリーは充電器よりも重いため、荷物を軽く減らしたいなら出来るだけ充電を忘れないようにすることが大事です。
充電しなければならないからこそ、あると便利そうなのがWiMAX端末専用のクレードル。
ですが別売りなのでどのくらい便利なのか、購入を悩んでいる人にクレードルのメリットについて解説します。

端末は2種類あるが充電が必要なのはモバイルタイプだけ

WiMAX端末には大きく分けて2種類あり、一つはモバイルWiFiルーターとしてイメージしやすい持ち運び可能なバッテリー内蔵のモバイルタイプです。
もう一つはバッテリー駆動するわけではなく、屋内に据え置きで使用するホームタイプがあります。
このホームタイプは接続したACアダプターから必要な電力が供給されるため、本体を充電する必要はありません。
屋外に持ち運んでの利用ができませんから、人気のある機種はモバイルタイプになります。

ただし、家庭内でパソコンやゲーム機で利用することが目的の場合には、有線LANケーブル接続が可能だったり同時接続台数が多いなどのメリットもあるため、利用目的によってはホームタイプも有力な選択肢です。
逆にモバイルタイプには持ち運べて使用時の配線も必要ないためメリットが多いようですが、電池切れ状態では屋外でも屋内でも利用できないため、充電を忘れないようにする必要があります。

クレードルは充電の手間を省くための必需品

充電しなければ使用できないモバイルタイプのWiMAXルーターの場合、端末専用のクレードルというオプションが用意されています。
クレードルがなくても使用可能なためにオプション扱いになっており、必要な場合には別途購入しなければなりません。
問題はここで、クレードルがあると便利なものの、使用するWiMAX回線は同じだから通信速度が向上するわけでもないのに、追加費用を払ってまで必要なのかという悩みです。

結論から言うとモバイルタイプのWiMAX端末を選んだ場合には、クレードルは断然おすすめのオプションなので可能ならば用意すること。
USBケーブルを毎回接続しなくてもクレードルに置くだけで充電できるというのは、小さいUSBポートに端子を合わせて接続するのとは違い手間が大幅に省けます。
特に最近のUSB Type-CではなくmicroUSB端子を搭載したタイプは、クレードルに載せて終わりという快適さを体験すると納得するはず。

充電以外にもメリットが!クレードルがあるとWiFi接続が安定する?!

クレードルの中には充電機能だけではなく、他にも有線LAN端子が備わっているなど便利な機能があります。
有線LANケーブルで接続できれば、固定回線やホームタイプのメリットも兼ね備えることになり、無線LANでしか利用できないと不便だと思っていた人も大丈夫。
外でも使えた方が便利だと思っていて、有線LAN接続しかできないテレビなどをインターネットに繋ぎたい人には必需品です。

更に家の中で使う場合に便利なのがアンテナを内蔵しているクレードル。
WX04の専用クレードルはWウイングアンテナを搭載しているので、WiFi接続が安定するメリットもあります。
そのため自宅では窓際などの電波状況が良い場所にクレードルを設置しても、他の部屋からも安定してインターネット接続が出来るから便利。
他にもクレードルに置いた段階で充電が始まるから消費電力を気にする必要がないため、W05では電力モードを自動的にハイパフォーマンスモードに変更できるなど様々な手間を省くことが可能だからおすすめです。

充電を忘れても充電器やモバイルバッテリーがあれば大丈夫?

充電を忘れたとしても、普段から充電器やモバイルバッテリーを持ち歩く方法があるから大丈夫だという人もいますね。
ただし、重要な注意点があり、それはモバイルバッテリーも充電が必要なこと。
WiMAXルーターの充電を忘れるぐらいですから、モバイルバッテリーも常に満充電になっているとは限りませんね。
スマホの充電も忘れる可能性が高いため、せっかくモバイルバッテリーを持ち歩いていても、いざ必要になった時にスマホとWiMAX端末の両方充電できる容量がなくて困る可能性があります。

充電器を持ち歩いていれば大丈夫だと思うかもしれませんが、モバイルバッテリーとは違いその場で充電可能な方法ではなく、充電可能な場所を見つける必要があるため、見つからないと充電は出来ません。
いざという時に充電器やモバイルバッテリーがあると安心ですが、本当に大切なのは余計な道具を使わなくても済むように普段から充電を忘れないことです。

プロバイダによっては別売りのクレードルが無料で貰える

WiFiルーター本体とは別料金でクレードルを購入するのは悩むとしても、WiMAXプロバイダによっては無料で貰えます。
端末代金無料キャンペーンがあると、本体は無料なのにクレードルを購入するのは損した気分になりやすいもの。
普通に購入した場合には3,500円前後はするため、無料で貰えるのならそれだけでも得した気持ちになれますね。

もちろん重要なのは月額料金がお得かどうかですが、例えばDTI WiMAXの場合、クレードルが無料で貰えるDTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)の通常月額料金は4,300円です。
これはキャリアであるUQコミュニケーションズのUQ Flatツープラス ギガ放題(3年)の4,380円と比較して、月額料金が安いだけではなく縛り期間も2年と短いメリットがあります。

他にもGMOとくとくBBではキャッシュバック金額が減額されるものの、初期費用としてクレードルの代金を考えなくて済むから安心です。
ギガ放題プラン(2年)は通常月額料金が4,263円ですが、最新機種のW05を選んだ場合のキャッシュバック金額は、
・クレードルあり:28,200円
・クレードルなし:31,200円
と3,000円の差があります。
ですがクレードル代金を3,500円として考えた場合、500円ほどお得に。
月額料金もキャリアよりも安く、2年プランというのもメリットです。

毎日使用するからこそクレードルには価格以上のメリットがある

クレードルがなくてもWiMAXルーターの利用はできますが、あれば充電をするたびにその便利さを実感できるオプションです。
そのため充電の際にケーブルを繋ぐのが面倒な人だけではなく、充電を忘れやすい人にもおすすめ。
2年プランで契約した場合には、3,500÷24で月額約145円で手に入る便利さとしては破格といえるほど。
事務手数料などの初期費用の負担を考えて、出来るだけ余計なお金を使いたくない場合には、クレードルが無料で貰えたりキャッシュバック金額で相殺してくれるWiMAXプロバイダを選ぶのもおすすめです。

-WiMAX

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile