速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

WiMAX自宅で使うときの注意

最近人気のページ

WiMAX

WiMAXを自宅で固定回線代わりに使う場合に後悔しないための注意点

投稿日:

インターネットを利用するためには、スマホなどで利用するモバイル回線の他に光回線のような固定回線もあります。
自宅で利用する場合には光回線が便利なように感じますが、実際にはスマートフォンを既に利用している人たちも多く、インターネット回線が固定回線とモバイル回線の2種類あることに。
もちろんそれでも良いというユーザーも多いのですが、無駄に感じていて一つにまとめたいという悩みを抱えている人たちもたくさんいます。
固定回線は外に持ち出すことは出来ないため、インターネット接続をまとめるならモバイル回線になるのは当然ですね。
そこで口コミでも評判の高いWiMAX回線について、固定回線の代わりとしてネット環境をまとめられるのか分かりやすく解説します。

固定回線の代わりにするなら使い放題プランが必須条件

WiMAXサービスを契約してインターネット回線を一つにまとめたい場合には、選ぶのは使い放題プランが必須条件です。
WiMAXプロバイダではギガ放題プランとライトプランという2種類のプランから選べますが、ライトプランは月間通信容量が7GBまでなので使いすぎると超える危険があるから注意。
アプリなどのダウンロードが殆ど必要なく、メールなどの利用だけならば問題ありませんが、動画サービスで映画やドラマを視聴すると7GBの通信量はすぐに超えてしまいます。
そうなると128kbpsというとても遅い速度に通信制限されるため、文字だけのメールを送るのもストレスになるほど。

せっかく高速通信が利用できるのですから、パケット量を気にせずに安心してインターネットを満喫するためにも、利用するプランは容量無制限のギガ放題プランです。
ギガ放題プランなら外出時に地図やお店の情報を調べるのはもちろん、帰宅してからも動画やネットショッピングと容量を気にすること無く利用できるから安心。
固定回線代わりとしてWiMAXを考える場合には、料金プランはデータ容量無制限が必須条件です。

外でも利用できるからスマホのパケットプランを変更できる

光回線は自宅でしか利用できませんが、WiMAX端末にはモバイルタイプと呼ばれる持ち運び可能なWiFiルーターがあります。
ホームタイプという自宅に据え置きで利用する機種もありますが、ネット環境をまとめるなら当然モバイルタイプの端末を選ぶこと。
ホームルーターよりは同時接続台数で劣る機種もありますが、5台程度の同時接続なら可能なので、自宅でパソコンやタブレット端末を接続したい場合も問題ありません。

更にモバイルタイプを選んでおけば、外出時のネット接続をスマホキャリアの回線ではなくWiMAX回線経由にすることが出来ます。
そうなるとキャリア回線経由でパケット通信を行う機会がなくなるため、スマホプランは最低容量の安いパケットプランに変更可能。
通話プラン重視で契約出来るから、難しいオプションを考えずに済むのもメリットです。

WiMAX回線にネット環境をまとめることで通信費の節約にもなる

光回線を解約してスマホのパケットプランも変更すると、WiMAXの契約をしても通信費が節約できることが多いのもポイント。
光回線の月額料金は5,000円程度かかりますが、WiMAXのギガ放題プランは月額4,000円程度と既に割安なのもメリットです。
どちらも使い放題は同じですが、外でも使えるWiMAXの方が安いだけではなく利便性も高くなります。

ドコモやau、ソフトバンクなどのスマホを契約しているキャリアのパケットプランを容量の少ない安い種類に変更できるとなれば、毎月の通信費が大幅節約できるため、固定回線としてWiMAXを利用するのはおすすめの方法です。
新しくWiMAXプロバイダとの契約が増えることで、通信費が割高になると思うかもしれませんが、実際には固定回線の解約やパケットプランの見直しが可能になるから使い放題のメリットのまま安くなります。

固定回線代わりにするときに後悔しないための3つの注意点

WiMAXを固定回線代わりに考えている場合、光回線とはメリットとデメリットが違うことに注意。
便利でも快適に利用するためには、紹介する注意点に納得してからがおすすめです。
完全に光回線の代わりになるなら誰もがWiMAXを利用すれば良いのですが、目的によっては合わない場合もあります。

通信速度制限が存在することに注意

WiMAXは月間通信容量が無制限のプランを契約した場合でも、3日間で10GB以上の利用があると通信規制がかけられることがあります。
そうなると速度制限が行われるため、普段よりも遅めの1Mbps程度の通信速度で利用することに。
速度制限は夕方から夜中までですが、混雑緩和が目的なのでよく利用する時間帯なので注意が必要です。
ただ、動画も標準画質なら楽しめますし、3日間で10GBというのはゲーム機でソフトをダウンロードした場合など、たまにしか超えないユーザーが多いので大丈夫です。

上りの通信速度は光回線よりも遅い

WiMAX回線の通信方式は、上りと下りの速度が違うタイプの方法です。
下りに関しては最大758Mbpsと光回線と同じように高速通信が可能ですが、上りに関しては最大速度が112.5Mbpsと遅いことに注意。
アプリのダウンロードや動画の視聴は下りが速ければ問題ないものの、動画の配信やクラウドサーバーにデータをアップロードするときは上りが重要なので待たされることも。
ただ、一般的な利用では上り回線はあまり重要ではなく、快適な利用を邪魔するほど遅いわけでもないので、特別な事情がなければ大丈夫です。

エリア内でも電波状況を確認しておくこと

WiMAXは通信回線が無線方式のため、電波状況によって繋がりやすさや通信速度が変わってしまいます。
そのため固定回線代わりにする場合は、必ず契約する前に自宅内の電波状況を確認しておくことが大事。
サービスエリア内に入っていたとしても、立地条件によっては電波が入りにくい可能性もあります。
WiMAXルーターは家の中でも窓際など、色々と置く場所を変えられるため、どこが一番良いかチェックしてから契約すると安心です。

電波状況をチェックする方法としては、WiMAXのキャリアであるUQコミュニケーションズが、Try WiMAXとして電波状況をチェックできるように無料で端末の貸し出しを行っています。
時間をかけてチェックしたかったり、WiMAX以外のポケットWiFiも試したい場合にはレンタルWiFiサービスを利用するのもおすすめ。
契約しなくても電波状況をチェックする方法があるので、後から電波が悪くて困ることが避けられるから固定回線代わりにする場合も大丈夫です。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile