速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月)

WiMAX

スマホ契約は不要?!WiMAXでもIP電話が使えるから通信費の大幅節約が可能

投稿日:

WiMAX回線を使ったインターネット接続は、下り最大758Mbpsもの速度が出るため、自宅で利用しているフレッツ光などの光回線を解約してしまおうかと考える人もいます。
ですが光回線やADSL回線などの固定回線は電話にも使っているため、解約してもスッキリとはしません。
スマートフォン契約もパケットプランはWiMAX重視で最安プランにコース変更しても、通話契約を残すとなると通信費の節約にも限界があります。
そもそも今はメッセージアプリやメールが連絡手段の中心であり、滅多に電話を使わないユーザーも増えているから通話契約もどうにか出来ないかと悩みますね。
そこで気になるのは通信料金節約ワザとしても有名なIP電話サービスとなり、WiMAXでも利用できるのか、利用できるとすれば固定電話や携帯電話キャリアとの通話プランは必要なくなるのか分かりやすく解説します。

WiMAXにはルーター機能はあるが通話機能は無い

WiMAX端末にはWiFiルーターとしての機能はありますが、スマートフォンのような通話機能は一切搭載されていません。
マイクもスピーカーも搭載していないWiMAX機器だけでは、どうやっても電話に変わるような機能を利用することは不可能です。
そのためWiMAX契約だけでは電話が出来ず、必ず大手携帯電話キャリアや格安SIMなど、何らかの電話用の契約が必要だと考えている人もいますが実は違います。

WiMAX機器には通話機能がありませんが、携帯キャリアとの通話用の契約も必要ないのがIP電話のポイント。
要は通話が出来る機器を用意すれば良いのであり、その際に必要となるのはスマホはもちろんパソコンやタブレットでも大丈夫です。
WiMAXルーターとは基本的にWiFi接続になりますし、手軽に通話ができることを考えた場合、おすすめなのはやはりスマホ。
マイクとスピーカーの位置が電話らしい配置になっているので、パソコンにヘッドセットを繋いで利用するよりも自然な形でIP電話サービスが利用できます。

WiMAX経由でもIP電話を使った音声通話なら可能

WiMAX機器経由でスマホやパソコンを使った通話サービスを利用する場合、必要なのはインターネット回線を使ったIP電話サービスへの登録になります。
各社から様々なサービスが提供されていますが、有名な大手IPフォンサービスとしてはSkypeや050plusがありますし、最近はLINEも有名になって来ました。
SMARTalkのように月額基本料金無料のサービスもあれば、050plusのように月額324円と有料の場合もありますが、有料サービスを選んでもスマホの通話プランの最低料金以下なのでお得です。
格安SIM会社では電話番号のないデータSIM加入者向けのサービスとして、IP電話用アプリを提供している場合もあるなど、たくさんのIP電話サービスがあります。

各IP電話サービス会社がスマホ用のアプリを用意しているので、登録申し込みや設定は簡単にできるから大丈夫です。
大抵は同じアプリ同士なら無料通話になっていますが、固定電話や携帯電話などの電話番号にかける場合は通話時間に応じた通話料金がかかります。
アプリをインストールしたスマホがあれば、WiMAX回線を経由したインターネット通信から音声通話をすることが出来るため、必要なのはアプリであり携帯電話キャリアとの通話契約ではありません。

各IP電話サービスに登録すると050から始まる電話番号が与えられて、この番号を利用することになります。
スマホは080や090なのでIP電話を利用する場合はMNPの利用ができないため、今までの電話番号から変わる点は注意が必要です。
知り合いなどには電話番号の変更連絡をする手間はかかりますが、一度済ませてしまえばその後は通話プランの契約や固定電話に払っていた通信費が必要なくなるので、差額を考えると苦にならないほど節約できます。

固定電話や通話プランの契約は必要ないがパケット通信は必要

IP電話はインターネット接続サービスを使った音声通話のため、電話用の契約は必要なくなります。
ですが通話時間に応じたパケット通信が行われるため、WiMAXでIP電話を利用するならギガ放題プランがおすすめです。
音声通話だけの利用なら動画の標準画質よりもデータ通信量は少ないため、7GB制限のライトプランでも十分なのですが、他にもネット利用をするなら使い放題を選んでおくと安心。
同じアプリ同士ならビデオ通話も無料で利用できるなど、音声通話以上に便利なサービスも利用できますし、様々なサービスを満喫すればデータ通信量も増えるから、パケット量を気にしなくて済むギガ放題プランが便利です。

まとめ:WiMAXでIP電話を利用する際のポイント

WiMAXサービスでIP電話を利用する際の情報を分かりやすくまとめると、
・WiMAX端末だけでは通話できない
・スマホやパソコンを使って通話する
・携帯キャリアとのSIM契約は不要
・音声通話だがデータ通信で行われる
・一般的な電話のように発着信が可能
・固定電話や携帯番号との通話は有料
・同じアプリ同士の通話は無料
・月額基本料金は選んだIP電話サービスにより変わる(無料・有料がある)
・電話番号は050~になる
このようになります。
スマホは通話用アプリを使うためなので、WiMAXルーターと接続するWiFi運用だけで良いから携帯電話キャリアとのSIM契約は必要ありません。
固定電話との発信や着信も可能なので、電話関係の通信費を大幅に節約することが可能です。

WiMAXプロバイダであれば月間データ容量無制限プランが選べるので、データ通信で音声通話が出来るのは追加費用を気にしなくて済むから安心。
スマホは最新のゲームアプリなどを利用しない場合、IP電話アプリが動作すれば良いので安いSIMフリー端末でも大丈夫です。
家にいてもメッセージアプリが中心で音声通話を利用する機会がなくなっているのに、いつまでもパケットプランと合わせて通話プランを契約しているならば、WiMAXにサービスをまとめてしまうと大幅な通信費の節約が可能になります。

-WiMAX

Copyright© 【WiMAXライフ】おすすめWiMAXプロバイダ&レンタルWi-Fi(2019年6月) , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile