速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

最近人気のページ

WiMAX

引っ越しはインターネット回線を見直すチャンス!選び方次第で利便性が大きく変わります

更新日:

自宅でインターネットを便利に使っていると、引っ越しが決まってから悩むことがあります。
それは固定回線の場合には引っ越し先での利用が可能か確認しなければならず、場合によっては同じプロバイダやサービスが使えない可能性も。
複数年契約で縛り期間が残っていると違約金を支払う負担に加え、新規契約をするプロバイダ探しなど面倒くさいだけではなく手間も増えます。
引っ越し費用も必要になるため、将来のことを考えるとインターネット回線の種類を見直すことが大事。
有線回線だけではなく無線回線も普及しているため、引っ越し先でのネット利用について役立つ情報を解説します。

同じ固定回線を引っ越し先でも利用するときは移転手続き

インターネット回線が固定回線の場合、そのまま引っ越し先には持って行けません。
そのため住所変更だけでは終わらず、移転手続きや工事日程の調整などが必要になります。

Yahoo! BBの場合

引っ越し先がYahoo! BBのサービスエリア内か確認します。
エリア内ならばサイト上で移転手続きを行い、エリア外だったときやプロバイダやサービスを変更したい場合は解約手続き。
サイト上から行うことができるため、引越し作業が忙しい場合でも大丈夫です。
新居の住所が決まっていない場合には、手続きの予約も出来るので安心。

Yahoo! BB ADSLの場合は、引っ越し先ではSoftBank 光への乗り換えも選べます。
移転であれば工事費無料キャンペーンなどがあるため、負担を気にせずに利用可能。
解約の場合、自動更新ありプランだと契約満了月以外は解除料として違約金が必要です。
解除料は

  • 5年プラン:15,000円
  • 2年プラン:9,500円
  • 自動更新なしプラン:0円

となります。

戸建住宅と集合住宅では月額料金に違いがあるものの、解除料はプランの契約年数で決まります。
解約については電話で行う必要があるため、口コミではあまり評判がよくありません。
ただし、受付時間外でも自動ガイダンスに沿って手続きが出来るので、引っ越し作業などで忙しくても大丈夫です。

フレッツ光の場合

フレッツ光はNTTのサービスですが、NTT東日本とNTT西日本とでサービスエリアが分かれているため、引っ越し先がどちらの対応エリアか確認します。
エリア内ならサイトでネット回線の移転手続きを行い、エリア外だったときやプロバイダやサービスを変更したい場合は解約手続き。
移転手続きはサイト上から行うこともできますが、フリーダイヤルなので面倒くさい電話回線関係の手続きをまとめて行うのもおすすめです。
移転先での工事費用は戸建の場合は9,000円、集合住宅の場合は7,500円となります。

にねん割を申し込んでいて解約する場合、更新月以外は解約金として違約金が必要です。
解約金は

  • 戸建て向けサービス:9,500円
  • 集合住宅向けサービス:1,500円

となります。
フレッツ光の更新月は期間満了月の翌2ヶ月間となっているので、1ヶ月間とは違い余裕があるため安心です。

解約については電話で行う必要がありますが、フリーダイヤルなので電話料金を気にせずに済みます。
NTTは大手だけあり電話も比較的よく繋がるため、口コミでも繋がらなくて待たされると言った評判の悪さはないから大丈夫です。

引っ越し先では新規契約で固定回線を利用する場合の導入方法

引っ越し先でのインターネットの利用を新規契約で固定回線を考えている場合、戸建と集合住宅で導入方法が少し違います。
戸建の場合には自分でサービスやプロバイダを比較しながら選び、公式サイトや電話から申し込むことに。
開通工事の立ち会いが必要な場合には、工事日の調整をして工事が終われば利用開始です。

引っ越し先が集合住宅の場合には、マンションやアパートに集合住宅向けのネット回線が導入されている場合が多いので確認が必要。
光コラボレーションなどのプロバイダが選べない可能性もあり、希望通りの契約が出来ない場合もあります。
その代わり集合住宅プランは戸建プランよりも月額料金が割安なので、サービス内容に問題がなければ契約を申し込むだけ。
室内工事が必要な場合には、日程の調整を行い工事が終われば利用開始です。

ネット環境は固定回線だけじゃない!候補を増やして賢く利用

引っ越し先をインターネット環境重視で選ぶ必要はありませんが、選択肢に何があるかは知って置いた方が良いのは当然。
特に最近は無線回線の速度も向上しているため、有線・無線の両方を候補として考えるのがおすすめ。

インターネット導入済みのアパートもある

ネット環境がないと不便なため、最近はインターネットが利用しやすいように導入済みのアパート物件もあります。
初心者にとってはサービスが決まっているから分かりやすく、契約も簡単で利用しやすいと評判も上々です。
ただ、他の住人も利用しやすいため契約者数が多いと、利用が集中しやすい夕方から夜間にかけては通信速度の低下が著しい場合もあり、どのくらいの速度で利用できているのか不動産屋さんに確認すること。

プロバイダが決まっている可能性が高く、違う会社になればメールアドレスも変わりますし、移転とは違って違約金も気にする必要があります。
メールアドレスの変更だけでも不便で面倒くさいため、利用スタイルによってはメリットではなくデメリットが多いので選ぶ時は慎重に。

固定回線には光回線の他にCATVもある

固定回線を使い有線でインターネットを利用する場合、光回線が有名ですがJ:COMなどのCATV(ケーブルテレビ)もネットの利用が出来るサービスです。
テレビ好きならテレビ契約とのセット料金だとお得感もあり、通信速度もJ:COMでは1~320Mコースまで選べるから便利。
光回線と同様にCATVの場合も戸建ならエリア内か確認するだけで済みますが、集合住宅の場合にはエリア内でも利用できない場合があるので確認が必要です。

無線のWiMAXはエリア内なら利用しやすくて便利

固定回線はサービスエリア内だとしても、アパートによっては利用不可能の場合があります。
ですが無線を使ってインターネットを利用するWiMAXであれば、大家さんや管理組合などの許可が必要ないから大丈夫。
外出時に持ち運べるモバイルルーターもあるため、サービスエリア内ならネット環境を一つにまとめることが可能です。

無線は有線に比べると通信速度で見劣りすると思っているかもしれませんが、最近は光回線の1Gbpsにせまる最大758Mbpsに対応した端末もあるから大丈夫。
ADSL回線と比較した場合、既にWiMAX回線の方が高速なほどです。

あなたはどっち?WiMAXがおすすめできるタイプとできないタイプ

転勤が多くて引っ越し回数が増えそうな人におすすめ

WiMAX回線は引っ越し先での許可も必要なく、初期工事費などもかかりません。
引っ越し回数が増えても移転工事費用の負担を考えなくても良いので、転勤が多いなど引っ越し回数が多くなりそうな職業の人におすすめです。
人口カバー率も90%以上あり、主要都市部ではどこでも問題なく利用できるのもポイント。

空き時間に動画を見たりネットを利用する人におすすめ

WiMAX回線はスマホで一般的なLTE回線よりも高速通信が可能なため、休憩時間など仕事の合間に動画を見たりネットを利用する機会が多い人におすすめです。
動画が高画質で楽しめるのはもちろん、通信速度が速いとサイトの表示もすぐなので限られた休憩時間を有効活用できます。

スマホの他にタブレットもよく利用する人におすすめ

スマホの他にタブレットもよく利用するという人にもWiMAXはおすすめです。
タブレットは電子書籍はもちろん写真や動画が見やすいため便利ですが、SIMカードに対応していない機種も多いもの。
WiMAX端末ならスマホもタブレットもwifiでネット接続可能なので、新しい電子書籍をダウンロードしたりクラウドに保存してある写真を友達に見せる場合も使い勝手が良くておすすめです。

動画配信など上りの速度が必要な人にはおすすめできません

YouTubeなどの動画サイトに動画をアップする素人も増えましたが、動画配信をよくする人にはおすすめできません。
ライブ配信が気軽に出来るサービスが増えたので、ユーチューバーを目指していなくても気軽に動画配信をする人たちも増えました。
ですがWiMAX回線は光回線とは違い、上りと下りで回線速度に差があります。

下り速度は高速なので高画質動画も快適に楽しめますが、上り速度は下りほど速くないのでライブ配信は難しい場合もあります。
ただ、最新端末のW05では上り最大75Mbpsまで対応しているので、WiMAX回線でも高画質動画のアップロードや配信は大丈夫です。

私が引っ越しを機会にWiMAXをおすすめする3つの理由

Wi-Fiルーターがなくてもゲーム機などが繋がる

スマホの機種がたくさんあるように、Wi-Fiルーターも機種がたくさんあります。
家電量販店に並ぶWi-Fiルーターを見ると、初心者はどれを購入すればいいのか判断できないほど。
ですがWiMAX端末なら、そのままWi-Fi機器を接続可能なので大丈夫。
固定回線ではWi-Fiルーターを用意しないとゲーム機を繋げませんが、WiMAXなら簡単ですし余計な機械を部屋に増やさなくて済むからおすすめです。

WiMAXなら利用開始までが簡単

WiMAX回線を契約する場合、

  1. サービスエリアの確認
  2. プロバイダを比較・検討
  3. サイト上から申し込み
  4. 端末を受け取る
  5. 利用開始

と利用開始までが手軽で簡単。
契約申し込みはサイトから行えて、工事が必要ないから宅配便で送られてきた端末を受け取れば終わりです。
端末の設定も簡単で、分かりやすい説明書も付いているからおすすめ。

モバイルタイプならバッテリー駆動が出来るから便利

WiMAX端末はモバイルタイプとホームタイプの2種類に分かれます。
家族と暮らしていて家でのネット環境が重要ならば、ホームタイプを選ぶメリットも。
ですがモバイルタイプはバッテリー駆動が可能であり、連続通信時間が10時間以上ある機種も多く、外でも一日中利用できて便利です。
家ではクレードルを利用することで、ホームタイプのように使えるから、迷ったらモバイルタイプを選ぶなど端末選びが分かりやすくておすすめ。

プロバイダによってはメールアドレスが利用できないから注意

固定回線のインターネットプロバイダでは、無料でメールアドレスが利用できることが殆どです。
ですがWiMAXプロバイダに関しては、無料で利用できる会社もありますが、有料サービスとしても利用できない会社があるので注意。
既にスマホでGメールなどを利用していれば問題ありませんし、必要ならばYahoo!メールなどもあるのでフリーメールサービスを利用すれば大丈夫です。

WiMAX利用者がどう感じているのか口コミを紹介

想像以上にWiMAXが便利すぎて手放せませんよ

正樹/36歳/福井県鯖江市
WiMAXの利用を始めるまでは、自宅は固定回線で外はスマホをそのまま使っていました。
ですがWiMAXに変更してからは、固定回線は解約してスマホもプラン変更したら総額が以前よりも安くなったんですよ。
しかもどこでもネットが使えて高速だから、便利すぎて手放せなくなりました。

WiMAXは分かりやすくて良かったです

ヒメちゃん/28歳/埼玉県川口市
WiMAXは機械の設定が簡単にできたので、私でもすぐに利用できたので良かったです。
家のノートパソコンはクレードルに線で繋いで使えたから、特別な設定はしなくて済んじゃいました。
サポートに助けてもらわなくても利用できて、ちょっと嬉しかったです。

高画質の動画視聴も安定しています

タモツ/40歳/奈良県天理市
WiMAXは無線だから安定性に不安もありましたが、自宅で動画を見るときも高画質でも安定していて問題ありませんでした。
有料動画サービスに加入してからネットの利用が動画視聴ばかりなので、電車の中など移動中も楽しめるから満足度が高いです。

WiMAX利用に関するQ&A

Q.引っ越し先でも同じ端末を使えるの?

A.もし契約後に引っ越しをした場合でも、サービスエリア内ならWiMAX端末を使い続けることが出来ます。
同じプロバイダの契約を続けていれば、住所変更の手続きだけで済むので簡単です。

Q.エリア確認はどこで出来ますか?

A.WiMAXのサービスエリアの確認は、各プロバイダやキャリアであるUQコミュニケーションズのホームページで確認できます。
WiMAXやWiMAX 2+、LTEなどのエリアがある場合には、WiMAX 2+のエリアを確認してください。

Q.パソコンやゲーム機など、複数の機械で同時利用できますか?

A.はい、大丈夫です。
WiMAX端末には同時接続台数が10台以上のものも多く、複数の機器で同時に利用することが可能です。
別途wifiルーターも必要ないので、部屋もスッキリと利用できます。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile