速くて安いモバイルwifiルーターをお探しならこちら!おすすめ最新モバイルルーター端末とプロバイダ選びが分かります。ザ・快適WiMAX生活!

【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019

WiMAXの電波が悪い

最近人気のページ

WiMAX

WiMAXの電波悪いと感じたときに確認すべき5つのポイントと対策方法

投稿日:

WiMAXやスマホはもちろん、携帯電話の時代から電波の悪さに悩んできた人たちはたくさんいます。
普段は電波状況が良い場所でも、利用するタイミングによって電波悪いとなれば原因も分からず悩むことに。
WiMAX通信はモバイル回線なので固定回線よりも原因が分かりにくいことも多く、速度制限とは関係ない場合には場所を変えるなどの対策が精一杯の場合もあります。
悩んだまま改善するまで待ち続けないで済むように、電波状況が悪い場合のチェックポイントや対策方法を分かりやすく解説。
利用場所が通信サービスエリア内ならば、ちょっとした対策で改善されることもあるので、WiMAXユーザーには大事な情報です。

WiMAXは電波の周波数帯的に通信速度は高速だが障害物に弱い

WiMAXが総務省から割り当てられている無線の周波数帯は2.5GHz帯ですが、これは高速データ通信を行うのには適しているものの、遮蔽物などの障害物には弱い傾向があります。
そのためWiMAX端末を普段と同じように利用しているつもりでも、ちょっとした違いで電波悪いなと感じることも。
障害物に強くても高速通信に向いていないよりはインターネット利用には適していますが、この特徴を知らないと、いつまでも電波が悪い場所で悩み続けることになるから大事なポイントです。

屋内の壁などの遮蔽物だけではなく、屋外でも基地局までの間にあるビルなどの建物も障害物になっている可能性があるため、見通しが悪い場所では電波が弱くなり易い傾向があります。
そのため建物から出るのはもちろん、屋外でも少し移動するだけで電波の入り方が変わる可能性があるので、まずは同じ場所で悩むよりは移動することがおすすめの対策方法。
短期間で使いすぎてしまい通信制限がかかっている場合は別ですが、時間帯的にも規制がないならまずは移動するのが基本です。

モバイルWiFiルーターの置き場所を変える

屋外では場所を移動するのがポイントですが、屋内でも同じようにモバイルWiFiルーターの置き場所を変えてみるのがおすすめ。
一般的には窓際に置くのが有効とされているので、まずは電波が弱いと感じたときには端末を窓際に移動させてみること。
手軽に移動させやすいのもモバイルWiFiルーターのメリットなので、自宅なら色々な場所に端末を持っていき、電波の入り方をチェックして良いポイントを探すのがおすすめの対策方法です。

良い場所を見つけても同じ場所で使い続けるのではなく、たまには別の場所に移動させてみると今までよりも快適な状況になる可能性があります。
なぜならWiMAXのキャリアであるUQコミュニケーションズも、通信環境を改善するためにエリアを広げたり基地局の拡充を行っているから。
知らない間に設備が整っていて、別の場所の方が快適な高速通信が利用できる可能性もあります。
UQコミュニケーションズの公式サイトでは、エリア改善の要望を受け付けているので、それほど問題はなくても無料なのでダメ元で申請しておくのもおすすめです。

機種によってはクレードルを使うと電波が良くなる場合もある

モバイルタイプのWiMAXルーターには、専用のクレードルが用意されている機種があります。
しかもクレードルの中には、アンテナを搭載していて電波状況の改善が見込めるものもあるからチェックしてみること。
利用している端末がWX04ならば、専用クレードルにはWウイングアンテナが搭載されているため、安定したWiMAXとWiFi環境が期待できるからおすすめです。

クレードルによって無線LANルーター機能が安定すれば、WiMAX端末は自宅の電波が入りやすい場所に置いて、スマホやパソコンはそれぞれ使いやすい場所で利用できるから便利。
モバイルルーターとネットを使うスマホやゲーム機などの場所が離れていると、WiMAX回線よりもWiFi環境が悪くて通信速度が出ないことがあります。
ですがWX04なら専用クレードルを使うことで、まとめて改善することが出来るからおすすめです。

利用するスマホの性能が低い可能性がある

高画質動画を視聴したいケースでは、実はWiMAX回線は高速で利用できているのに、あなたのスマホの性能が足りなくて遅く感じていることがあります。
高画質動画やリッチコンテンツを楽しむためには、スマホやパソコンなどの機器類にも高性能が求められるので注意が必要です。
iPhone Xなどの最新端末を利用している場合には性能面に問題はありませんが、同じiPhoneでも古い世代の端末を使っている場合は性能が足りているかチェックすること。

スマホやパソコンの性能が足りない場合には、動画ならば画質を下げて負担を減らすなどの対策が効果的です。
ただ、せっかくWiMAXは高速通信が利用できるのですから、高画質動画などを楽しめる最新機種に機種変するのもおすすめ。
人気のゲームアプリもサクサク動くようになるため、様々な面で満足度が上がります。

端末の故障や通信障害が起こっている可能性がある

利用する場所や環境による問題ではなく、WiMAX機器が故障してしまい使えなくなっている可能性もあります。
普段は端末をバッグの中に入れたままかもしれませんが、問題が起きていないかWiMAXルーターの画面をチェックして確認することも大事です。
端末が故障していた場合には、当然ですがどれだけ待っても状況が改善することはないので、対策方法は修理に出すことになります。

端末そのものは故障していない場合には、そのエリアだけ通信障害が起こっている可能性も考えられるので忘れないこと。
携帯キャリアでもメールが送れないなど、一部地域でのみ通信障害が発生する場合がありますが、WiMAXに関してもこの可能性はあるため、もし普段通りの利用方法なのに急に電波が悪くなった場合には通信障害を疑うことも必要です。
通信障害が発生する可能性は低いものの、その場合は復旧を待つか別のエリアに移動するしか解決方法がないので、繋がらなくて困った場合には頭の中に入れておくと焦らずに済みます。

よく読まれているページ

-レンタルWiFi

Copyright© 【WiMAXライフ】爆速おすすめモバイルルーター&プロバイダ2019 , 2019 All Rights Reserved.

NEXT mobile